アファメーションとは?7つのメリットについてわかりやすく解説!

「アファメーション」という言葉をご存知でしょうか。

アファメーションとは「ポジティブな言葉で自分自身に宣言をして、なりたい自分を引き寄せる」マインドセットです。

  • 自分に自信がなくて理想を叶えられる気がしない
  • 自分に自信が持てない
  • 人と比べるのに疲れてしまった

特に上記の悩みをお持ちの方におすすめです。

本記事では、アファメーションとは一体何なのか、具体的な利用方法までを紹介します。

この記事を読んでいただければ、自分に自信をつける方法と、理想を叶えるためにやるべきことが明確になります。

<<あわせて読みたい>>

メンタルマネジメントとは?メンタルマネジメントで仕事の能力と心の強化を実現しよう!

アファメーションとは?

アファメーションとは、なりたい自分を目指すための宣言です。

「私は既に理想の状態である」というポジティブな宣言をすることにより、自分自身を潜在意識から変えることができます。

アファメーションは、ただの願いごととは大きく異なります。

願いごとは「今とは違う理想の自分になりたい」というもので、現在とは違う理想の自分の姿や状態に思いを馳せています。

対してアファメーションは「私は既に、理想の自分になれている」と、現在の自分がすでに理想の形になっているという「思い込み」を利用するものです。

なぜアファメーションは注目されているのか?

現在、アファーメーションは多くの著名人も生活に取り入れており、理想を叶えるための手段として、広く認知されています。

日本の著名人のなかにも、アファメーションに関する逸話を持っている人がたくさんいます。そのなかでも、プロサッカー選手の本田圭佑さんの逸話はとても有名です。

彼が小学生の時に書いた卒業文集には「セリエAに入団し、レギュラーになって10番で活躍する」と書かれていました。実際、彼はヨーロッパで活躍し、誰もが知るサッカー選手になっています。

アファメーションはなりたい自分を引き寄せるのに大きな力を発揮します。

自信のない自分を変えたいと考えている人は、アファメーションを続けて理想の自分を手に入れましょう。

<<あわせて読みたい>>

マインドセットとは?実例から向上方法まで徹底解説

【AD】

アファメーションがもたらす7つの効果

人の思考や行動を変えるために言葉の力を使うことが有用であり、アファメーションを実践することで、さまざまな効果を得られます。

アファメーションを活用した言葉の力がどんな効果をもたらすのか、具体的なものを7つ紹介します。

ポジティブな気持ちを生み出す

日本では昔から言霊という言葉があるように、私たちが日々使う言葉には人の考えを変えたり、自信を与えたりするような力があります。

「私は理想の状態である」と日常の中で肯定し続けることによって、ネガティブな考えを排除できます。その結果、無意識的にポジティブな考えや言葉を使うことが当たり前になるのです。

ポジティブな考えを持つようになれば、日常の中で些細なミスをしたとしても、すぐに気持ちを切り替えることができます。

能力を最大限に引き出せる

人は基本的に、自分自身を過小評価してしまう生き物です。

本当は実力があるのに、他の人と比べてしまって落ち込んだり、自分はダメだと考えてしまうのは、現代人によくあることです。

アファメーションを利用し「自分はうまくできている」と言い聞かせることで、本当の自分を引き出すことができます。そして、最終的には自分が想像している以上の実力を発揮できるようになるでしょう。

アファメーションは隠れた実力を引き出し、より良い結果を残すことにつながるのです。

自信をつけることができる

人はできることが増えていくことで、はじめて自分に自信をつけることができます。

今までできなかったことができるようになっていく体験は、誰もが仕事や勉強で感じたことがあるでしょう。

自分に自信がつけば、顔つきや姿勢が変わり、最終的には根本的な思考までもが変わっていきます。仕事や私生活で少し失敗をして落ち込むことがあったとしても、すぐに自信を取り戻せるようになっていくでしょう。

アファメーションを続け、成功体験を積めば、何が起きても動じない心を身につけることができるのです。

エネルギッシュになれる

アファメーションを通して自信がつけば、自然と物事に対して積極的になっていきます。

今まで気にしていなかったことや、興味のなかったこと、やりたいと思っていたけれど、なかなか手をつけられなかったことにまで取り組めるようになります。

塞がっていた感情を開放して、あらゆる物に目を向けることによって、新たな刺激を受けることができます。新しいことを始め、成功体験を積むことで、どんどんエネルギッシュな人間に近づけます。

情報収集が得意になる

アファメーションを生活に取り入れることで、日常的に情報収集をするようになります。

アファメーションを通して意識が前向きになると、さまざまことに興味を持つようになるからです。自分のやりたいことを叶えるためには、関連した情報を収集するのが最も効果的です。

夢を叶えたいという気持ちが強くなると、夢を叶えるための方法を自分から取り入れるようになります。

また、いろいろな情報を吸収するようにすると、思わぬところから人生の転機になるものに出会うことがあります。

影響力をつけることができる

アファメーションにより自分に自信がつくと、自分の成功体験を発信する立場になることができます。

自身の成功体験を元に、成功するための細かい情報を発信すれば、周りの人は必ずあなたに興味を示してくれるでしょう。なぜなら、世の中には自分のやりたいことができない人や、自分に自信がない人が大勢いるからです。

影響力をつけることができれば、他の人を巻き込んで新たに仕事を始めることができます。

将来的に大きな仕事をこなして成果を出したいのであれば、まずは何事にも動じないメンタルを作ることが重要です。

アファメーションはそういった、メンタル面での土台作りにも役立ちます。

様々な場面で活用できる

アファメーションはメンタルを鍛えられるため、知識やスキルを使って継続的に何かを行うことができるようになります。

例えばビジネスの場面では、仕事を始めたときや、軌道に乗ってきたときは、誰しもがもっとうまく仕事を回せるようになりたいと考えます。

仕事を円滑に進めるためには、まず自分自身が「できる人間」であるという認識が必要です。「自分はできる人間だ」という認識があれば、他の人とのコミュニケーションを積極的におこない、プロジェクトをいい方向に引っ張っていくことができるからです。このことから、アファメーションで「仕事ができる自分の姿」をすり込むことは効果的と言えます。

また、恋愛などの場面でも役に立ちます。好きな相手が目の前にいると、緊張したり、本音が出せなくなったりしてしまいますが、自分に自信があれば、素の自分をさらけ出すことができます。アファメーションを使い自信をつけて、積極的に相手に関わっていけば、恋愛においても成功する確率は上がっていきます。

アファメーションは自分を肯定することで物事に対して動じない心を作ることができるため、シーン関わらず、些細なことを気にしてしまうという方には最適です。

<<あわせて読みたい>>

クレドって何?導入事例から注意点、導入方法までをわかりやすく解説

アファメーションの実践方法

アファメーションを実践するには、以下の3つの実践方法があります。

  • まずは言葉にしてみる
  • 紙に書き出してみる
  • いつでも見えるところに配置する

最大限の効果を発揮させるためにも、実践方法をしっかりと身につけ、毎日継続していきましょう。

まずは言葉にしてみる

なりたい自分をイメージすることができたら、まずは言葉にしてみましょう。

理想の自分像を言葉にして自分に投げかけることによって、徐々に意識が変わっていきます。

言葉にするときは、強く気持ちを込めることがとても重要です。

気持ちを込めて言葉を発することによって、自分に言い聞かせることができます。

可能であれば寝る前に瞑想の時間をつくり、口にするときは、一つずつの言葉を意識しましょう。寝る前に時間を作るのが難しいときは、外を歩いている時など、リラックスしているときでも構いません。

紙に書き出してみる

感情を整理するためには、紙に書き出すことがとても大切です。

なぜなら、手を動かして紙に書き出すことで、脳を刺激して、より明確に自分の感情を整理できるからです。

また、紙に書き出しておくと、あとで自分が何を書いたのか再確認することができます。

ある程度自分の理想像を言葉にできるようになったら、紙に書き出して手を動かしてみましょう。

紙に書き出すときは、同時に声に出すことで、聴覚と視覚、触覚から認識することができます。

多方面からアプローチすることによって、より効果的に感情を整理することが可能です。

いつでも見えるところに配置する

紙に書き出すことができたら、その紙を見える場所に置いておきましょう。

繰り返し視覚からの情報を得ることによって、理想像を脳にインプットし続けられます。

玄関やトイレの壁など、目につきやすい場所に置いておくのがおすすめです。

理想の自分について書いた紙を何度も目にすることによって、潜在意識の部分にあるべき自分を刻み込めるでしょう。

<<あわせて読みたい>>

リフレクションとは?フィードバックや反省との違いも解説

アファメーションを実施する際の注意点

アファメーションを実施する際には、言葉の使い方などに注意する必要があります。

なぜなら、言葉の使い方を間違えてしまうと、自信を喪失してしまい、逆効果になるからです。

アファメーションの恩恵をしっかり受けるために、実施する際の注意点をきちんとと把握しておきましょう。

主語の1人称は「私」

アファメーションを生活に取り入れる際には、主語の1人称は「私」にしましょう。

「私はすでに私がなりたい状態にある」という使い方をすることによって、自分がどのような方向へ進むべきなのかを潜在意識にすり込むことができます。

他人を含めた使い方をする際も、「私」を主語にすると効果的です。

例えば部下をプロジェクト成功に導きたいとしましょう。その場合「彼はこのプロジェクトを成功させる」ではなく、「私は、彼に対して経験にもとづいたアドバイスをしてプロジェクトを成功に導く」という使い方をします。すると、自分がやるべきことがより明確になってくるからです。

主語を私にしてアファメーションを続けることによって、潜在意識に今すべきことを認識させていきましょう。

現在形で終えるようにする

使用する言葉や文章を作る際は、現在形にするように心がけましょう。

「私は自分が理想とする状態になりたい」という文章には、まだその状態ではないという意味が込められているからです。

アファメーションでは、すでにその状態にあることを無意識にすり込んでいくため「私は既に理想の状態である」という風に現在形で終わらせます。

現在形で終わらせることによって、自分がなりたい状態を明確に宣言しましょう。

ポジティブな言葉を使う

アファメーションではポジティブな言葉を自分自身に使い続けます。なぜなら、ポジティブな言葉を自分自身に投げかけることによって、幸福な感情や態度、考え方を促進し続けることができるからです。

気持ち自体がポジティブなものになっていけば、精神状態も前向きなものになっていきます。

なりたい自分を叶えるためには、ポジティブな思考が必要不可欠なので、どんどんポジティブな言葉を使っていきましょう。

理想を実現するまで続ける

自分のなりたい状態が叶っている場面を想像すると、誰でもワクワクします。しかし理想の状態というのは、一朝一夕でできるものではありません。

理想を叶えるためには、やるべきことを継続し続けなければいけません。

アファメーションを始めたばかりのときは、なかなか実現できずもやもやします。

人は現状維持を望んでしまう生き物なので、仕方のないことです。

したがって、まずは3日間アファメーションを続けてください。継続すれば徐々に効果が現れるので、焦らずに自身の理想に向かっていきましょう。

目標が変わったら変えても良い

人の価値観は日々の経験によって変化していくため、自分がなりたい理想像が変わったときは、目標を変えても問題ありません。

たとえば「お金持ちになりたい」という目標があったとします。ところが改めて自分と向き合ってみると、実は「自由な時間が欲しい」という目標が正しかったということがよくあります。

自身が掲げた目標に対して、常に疑問をぶつけ、自分の本当の理想とはなんなのかを考えていきましょう。

注意:アファメーションは万全ではない

アファメーションは自分を肯定的に受け入れていくための手段です。したがって、普段から自分に対して肯定的な人の場合は、さらに自分を受け入れるために良い効果を発揮します。

しかし元々自己肯定感が低い人の場合は、アファメーションによってできないことや苦手なことをより意識してしまい、落ち込んでしまうことがあります。

まずやってみることは大事ですが、無理をしない範囲でアファメーションを活用しましょう。

まとめ アファメーションについて

アファメーションは自身に理想の状態をすり込むことができ、やりたいことを叶えるために有用な方法です。

特にビジネスや恋愛の場面では大きな効果を発揮します。

しかし万全な方法ではないので、注意しなければいけないことを意識して利用しましょう。

<<あわせて読みたい>>

マイクロマネジメントが増加中!?理由や悪影響、改善方法を解説!