喫茶店・カフェ経営の魅力と開業のための具体的なポイント

自分のこだわりが詰まった喫茶店やカフェを開業したいという人は数多くいます。街中には喫茶店やカフェがあふれているため「カフェの開業は自分でもできそう」と安易に考えていませんか? しかし、喫茶店・カフェの開業はそう簡単なものではありません。開業するにはいくつかの資格や許可と、多くの資金が必要です

この記事では、

  • 「どれくらいの資金がかかるのか?」
  • 「必要な資格や許可は?」
  • 「実際にどれくらい儲かるの?」

といった現実的な疑問にお答えします。他にも、よくある失敗事例や重要なポイントを解説するので喫茶店やカフェを経営したい方はぜひご参考になさってください。

 

<<あわせて読みたい>>

事業企画とは?必要やスキルや将来性、経営企画との違いを解説

 

事業戦略とは?策定方法や立案に必要なフレームワーク9選と事例紹介

 

喫茶店やカフェ経営の魅力

喫茶店やカフェはさまざまなコンセプトで営業しています。

例えば、

  • 食事に力を入れる
  • スイーツに力を注ぐ
  • 夜はバーとして営業する
  • アジアンテイストを取り入れる
  • コーヒー豆の産地や種類にこだわる

などのように、多種多様な喫茶店があり、幅広いコンセプトでこだわりを持って、自由に営業できるのが魅力です。

自分だけのこだわりのお店づくりをして、そのお店を気に入ってくれるお客様に通って頂くことが喫茶店経営の醍醐味でしょう。さらに、喫茶店は基本的に現金収入なので、資金がショートする危険性が少なくなります。リピートのお客様がつけば、長期的に安定した経営を行えるのも魅力の1つです。

喫茶店やカフェ経営のメリット・デメリット

喫茶店やカフェを経営するときのメリット、デメリットについてお伝えします。

メリットは下記の3つです。

  • 開業しやすい
  • 居抜き物件が多い
  • 1人で自由に運営できる

対して、デメリットは下記の3つになります。

  • 責任はすべて自分にのしかかる
  • 入れや仕込みなどすべて自分で行わなければならない
  • 労働時間が長い

それでは1つずつ解説していきます。

喫茶店を経営するメリット

喫茶店・カフェは小さなスペースで営業でき、調理器具や冷蔵庫などが業務用サイズである必要がないため、開業しやすいことがメリットです

また、居抜きの物件も多いので、これを利用することで大規模な改装の必要がなくなります。したがって、他の業種に比べて開業資金を抑えることが可能です。

そして3つ目のメリットとして、小さな喫茶店・カフェなら自分1人で運営できる点にあります。自分1人で運営できるということは、個人の裁量ですべてを決められるということです。店舗のコンセプトやメニュー決め、食材などの仕入れまですべて自分で行うことができます。

このように、自分のこだわりを思う存分発揮できるのが、喫茶店やカフェ経営の魅力です。

喫茶店を経営するデメリット

どのような商売もそうですが、喫茶店やカフェ経営をうまく軌道に乗せるためにはさまざまな努力をしなければなりません。しかしそれがうまくいくとは限らず、失敗した場合のリスクは全て自分で負わなければならないことがデメリットの一つです

また、近隣への周知や広告、チラシの配布の他に、ホームページやSNS運用を通じた集客が必要になります。売り上げの計算や仕入れ、接客まですべて自分で行わなければなりません。

そして最後に、自分1人で運営するなら営業時間中になかなか休めないこともデメリットです。体を壊したり病気になったりすると営業ができず、収入も途絶えてしまいます。こういったデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

喫茶店やカフェを開業する方法

喫茶店・カフェを開業する方法は、下記の4つがあります。

  • 自力でゼロから開業・経営する
  • 雇われ店長として開業して経営を勉強する
  • フランチャイズで開業する
  • コンサルタントやスクールを利用する

それぞれメリットとデメリットがあるので、自分のスキルやビジョンに合致した最適な方法を検討してください。

それでは1つずつ解説していきます。

自力でゼロから開業・経営する

自力でゼロから喫茶店・カフェを開業する場合、自由度と難易度がもっとも高くなります。事前に事業計画を立てて資金を用意し、資格や許可を取得しなければなりません。店舗の立地や導入する設備、メニュー、従業員の教育などをすべて1人でこなす必要があります。逆に言えば、これらすべての決定権が自分にあるということです。

しかし、自由度が高く、自分で考えなければならないことが多いため、かなりの時間と労力が必要になります。したがって、経営やマネジメントについての勉強も必要です。また、売り上げや経費、資金繰りをどのようにするのかも考えなければなりません。

雇われ店長として開業して経営を勉強する

社員として雇われ店長をしながら経営を勉強する方法もあります。いきなり独立するのはリスクが大きいですが、喫茶店やカフェのチェーン店で募集している店長候補に採用されれば、正社員として店長を経験できます。

デメリットは自由度は低くなることですが、その一方で、正社員として働けるので安定した給料が得られるメリットがあります。さらに、体系立てられたノウハウや技能も習得できる点もメリットです。

ノウハウや技能を習得した後、独立して自力で喫茶店・カフェを開業するとよいでしょう。勉強期間と割り切って、雇われ店長にチャレンジするのは有効な方法です。

フランチャイズで開業する

フランチャイズ本部に加盟して喫茶店やカフェを開業するなら、本部のサポートが受けられます。店舗の立地調査や宣伝、スタッフの教育、メニュー開発、開業後の経営相談など、さまざまな点でメリットがあります。未経験からでもスムーズに喫茶店・カフェを立ち上げられるでしょう。

しかし、下記のようなデメリットもあります。

  • 自由度が低い
  • 店名やメニュー、店内の内装も本部に従わなければならない
  • 毎月のロイヤリティが必要

コンサルタントやスクールを利用する

コンサルタントのサポートを受けながら開業する方法もあります。専門家にサポートしてもらえればノウハウを教えてもらえますし、自分とは異なる視点のアドバイスも期待できます。さらに、開業後もコンサルタントに相談できるという点もメリットです。

しかし、コンサルタントを依頼すると費用がかかるため、資金と相談して検討しましょう。

また、コンサルタントとは異なりますが、カフェ開業スクールに通うことも可能です。機材の使い方や調理方法など、実践的なスキルを身につけられます。

喫茶店・カフェの開業資金や人件費

喫茶店・カフェを開業するとき、最初に考えなければならないのは開業資金です

どれくらいの費用がかかり、どれくらいの運転資金を用意しておけばいいのかを検討しなければなりません。1人で喫茶店やカフェを開業・経営するなら、安ければ数百万円程度で済みますが、大きな店舗を想定しているなら、1,000万円以上必要になる可能性もあります。

雇うスタッフの人数も決めておきましょう。店舗の広さやメニューによって必要なスタッフの技能や人数も異なります。

喫茶店・カフェの開業資金を試算

喫茶店やカフェの開業資金はおよそいくらになるのかを試算した結果、合計で500~700万円ほど必要になることがわかりました。もちろん、中古の厨房機器や居抜き物件を活用することで費用を抑えることも可能ですが、コンセプトによってはこれ以上の資金が必要になるかもしれません。

今回試算するのに想定した立地は、面積が10坪、賃料が10万円~15万円ほどです。喫茶店やカフェを開業するなら、最初に経費をかけすぎないようにしましょう。小さくはじめることで運転資金に余裕を持たせると、資金繰りが楽になります。

物件取得費

喫茶店やカフェを開業するときに必ず必要なのが物件取得費用です。

この際、知っておくべき物件の種類が2つあります。1つは前の飲食店の設備がそのまま使える居抜きで、もう1つは基礎構造がむき出しのスケルトンです。居抜きだと設備がそのまま使えることが多く、厨房機器やその他備品の購入費が抑えられます。

また、物件取得費用には保証金や礼金がかかります。保証金は家賃の半年~1年分であることが多く、さらに、前家賃や仲介手数料も必要です。

オープンまでの家賃も発生しますので注意しなければなりません。物件取得費は10坪程度で150万円~300万円程度を見込んでおきましょう

内装工事費

物件を取得したら内装工事が必要です。

内装工事にかかる費用は設計費や材料費、工事費、インテリアなどですが、物件が居抜きかスケルトンかによってかかる費用は大きく変わってきます。居抜きの場合は内装工事費をかなり抑えることができるでしょう。逆に、スケルトンの場合は自由に内装を設計できるのが魅力です。

内装工事費はスケルトンの物件で300万円ほど必要になりますが、居抜きなら数十万円に抑えることもできます

厨房機器購入費

開業する喫茶店やカフェが、コーヒー専門店なのか、それとも軽食やアルコールも提供するのかによって、必要な厨房機器は異なります。

必須となる厨房機器は業務用冷蔵庫、製氷機、ガスコンロ、シンクなどです。これらをすべて新品で購入すると50万円~100万円ほどかかります。しかし、フライヤーやオーブンなどの調理器具も購入すると、合計で200万円以上かかることもあります

初期費用を抑えたいのであれば、中古製品の活用を検討しましょう。中古製品なら新品に比べて3分の1程度に費用が抑えられます。ただし、後々のメンテナンス費用を考慮しておかなければなりません。

食器・備品購入費

食器や備品は喫茶店やカフェの雰囲気を決定づける重要なアイテムです。

もし高級なブランドの食器を利用するなら、それだけで数百万円になるでしょう。逆に家具量販店の製品は初期費用を抑えられますが、店舗の独自性が薄れてしまいます。

店舗の規模にもよりますが、20席程度で100万円~200万円を想定しておくことがおすすめです

運転資金

運転資金は、喫茶店やカフェの経営を軌道に乗せるまでに必要な資金です。開業して赤字が続いても、運転資金さえあれば廃業は免れます。

この運転資金は、月々の固定費の6ヶ月分を用意するのが一般的です。賃料のおよそ10ヶ月分と考えればいいでしょう。賃料が10万円の店舗なら、運転資金に100万円は用意しておきたいところです。

運転資金は余裕があればあるほど経営しやすいため、できるだけ多くの運転資金を用意しておくことをおすすめします。

喫茶店やカフェ経営にスタッフは必要?

喫茶店やカフェを開業するときに、スタッフを雇うかどうかは慎重に決めましょう

スタッフを雇えば雇うだけ人件費がかかります。一般的に、10席程度の広さなら1人で営業できると言われており、20席程度なら夫婦2人で営業することが可能です。それ以上の広さとなると、10席につき1人のスタッフが必要になります。

たとえば、40席ある喫茶店なら自分と3人のスタッフといった具合です。

また、メニューによっても必要なスタッフ数は異なります。手の込んでいるメニューを提供するなら調理専門のスタッフも必要になるので、考慮しておきましょう。

喫茶店やカフェを開業するための資格や許可

喫茶店やカフェを開業するにあたり、喫茶店とカフェの違いについて解説します。

あまり一般的に知られていないことですが、カフェと喫茶店には法律上の明確な違いがあります。この違いを知ることで、自分がどちらを開業したいのか確認しておきましょう。

また、喫茶店やカフェを開業する場合、いくつかの資格や許可が必要になるため、開業に必要な資格や許可についても解説します。なお、必要と思われがちですが喫茶店・カフェに調理師免許は必要ありません。

喫茶店と純喫茶、カフェの違いを知ろう

喫茶店やカフェの違いはどこにあるのでしょうか?

「カフェは現代的でおしゃれな空間のお店で、喫茶店や純喫茶はレトロな雰囲気」。

このような認識をされている方もいるかもしれません。しかし、カフェと喫茶店・純喫茶は法律上の違いがあります。

カフェは飲食店営業許可を受けており、アルコールの提供ができます。一方、喫茶店は喫茶店営業許可を取得しています。その他、カフェは手の込んだ調理をできますが、喫茶店営業許可の喫茶店は単純な加熱調理しかできません

カフェと喫茶店という区別ではなく、アルコールが提供できるお店を喫茶店、提供していないお店を純喫茶と区別することもあります。

飲食店営業許可

飲食営業許可を受けていて、コーヒーを提供するお店を一般的にはカフェと呼びます

飲食営業許可は酒類と調理全般の提供が可能です。しかし、喫茶店営業許可と比較すると許可基準がやや厳しく、冷蔵設備や洗浄設備、給湯設備など一定の設備要件をクリアする必要があります。

したがって、アルコールの提供や、フードメニューを充実させたい場合は、飲食店営業許可を申請しましょう。

喫茶店営業許可

喫茶店営業許可は、飲食店営業許可に比べると、要件が緩めで取得も容易です。

喫茶営業許可を受けてコーヒーを提供するお店を、法律上では喫茶店と呼びます。一般的に純喫茶と呼ばれることもあります。しかし、店名に喫茶店と掲げていても、飲食店営業許可を受けている店舗も多いです。

喫茶店営業許可は酒類や調理したメニューの提供ができません。喫茶店やカフェを開業するなら、最初から飲食店営業許可を取得しておくことをおすすめします。

喫茶店やカフェの開業に必要な資格

喫茶店やカフェの開業に必要な許可や資格が下記の4つです。

  • 食品衛生責任者
  • 飲食店営業許可申請
  • 菓子製造業許可申請
  • 防火管理者

基本的に食品衛生責任者と飲食店営業許可があれば喫茶店・カフェの開業が可能です。もし、コーヒーや調理済みのお菓子のみを提供するのであれば、飲食店営業許可ではなく喫茶店営業許可でも開業できます。

また、30名以上が収容可能な店舗では、防火管理者の資格が必要です。それぞれ、講習を開催している日時や許可にかかる期間を把握し、スムーズな開業を目指しましょう。

食品衛生責任者

食品衛生責任者の資格は喫茶店やカフェに限らず、飲食店を開業するためには必須です

資格の取得には、各自治体の食品衛生協会が開催する講習を受講しましょう。受講料は約1万円で、全国共通の資格ですので、どの都道府県で取得しても全国で通用します。

飲食店営業許可申請

飲食店営業許可申請は飲食店を営業する場合に必要です。コーヒーや調理済みのお菓子類だけを提供するなら、喫茶店営業許可でもかまいません。しかし、後々メニューを変える可能性が少しでもあるなら、飲食店営業許可を申請しておくことをおすすめします

飲食店営業許可には厨房や食器棚、空調、トイレなどの細かい規定がありますので、それらをクリアして保健所に申請します。店舗の工事が終わる2週間ほど前に申請しておくと、開業までスムーズに進むので早めに申請しておきましょう。

菓子製造業許可申請

店内でお菓子やパンを製造して、テイクアウト販売するなら菓子製造業許可が必要です

許可なく菓子製造業を行うと行政処分の対象となり、営業停止になります。店舗メニューとして料理と同じようにパンやお菓子を提供する場合、菓子製造業許可が不要なこともあるので、事前に保健所に相談して確認しましょう。

防火管理者

防火管理者は30名以上収容可能な飲食店に必要な資格です

日本防火・防災協会開催の講習を受講すると取得でますが、防火管理者には2種類あり、延べ床面積によって取得するべき資格が異なります。300平方メートル以上は甲種、300平方メートル未満の場合は乙種を取得しなければなりません。

喫茶店やカフェの経営で利益は出せる?

「喫茶店やカフェの経営は儲かるのか」という疑問に、大半の喫茶店・カフェ経営者は「儲からない」と答えるでしょう。喫茶店やカフェは客単価が低く、回転率がよくありません。さらに、昔ながらのお店も多く、競合店がひしめき合っています。

黒字を出すこと自体は難しくありませんが、大きな利益を出すには何らかの工夫が必要です。大手カフェチェーンの業績は伸びており、コーヒーの消費も堅調で、喫茶店自体の需要は大きいのですが、同時に供給も大きく利益が伸びにくい業種になっています。

個人が経営する喫茶店・カフェのリアルな年収

喫茶店やカフェのリアルな収入は慎ましいものです。

個人経営で10席から15席程度の小規模カフェなら、月に10万円から30万円程度の純利益が平均的です。中には1ヶ月に100万円の利益を出しているお店もありますが、ごくまれな成功例でしかありません。

また、喫茶店やカフェの経営は軌道に乗るまでがかなり大変です。

特に、最初の1年は赤字状態が続くことも珍しくありません。1ヶ月に10万円の利益が出れば上出来の部類です。喫茶店・カフェを開業するならこのようなケースも想定し、6~12ヶ月分の運転資金を準備しておきましょう。

喫茶店やカフェ経営で失敗しやすいポイント

喫茶店やカフェ経営で失敗しやすいポイントが下記の3つです。

  • 最初から大きな投資をする
  • 収支計画や採算管理が甘い
  • 効果的な集客施策が打てていない

それでは1つずつ解説していきます。

最初から大きな投資をしてしまう

喫茶店やカフェ経営は大きく利益を上げることが困難です。最初に大きな投資をしても回収できないケースがほとんどでしょう。喫茶店やカフェの経営を未経験からはじめるとき、理想ばかりが先走って食器や設備にこだわり、投資額が大きくなるケースがあります。

したがって、開業してから軌道に乗るまで1年程度はかかることを計算し、運転資金を多く準備しておかなければなりません。最初から大きな投資をして運転資金を使ってしまえば、失敗する可能性が非常に高くなります。

最初は比較的リスクの小さい、移動販売やテイクアウト専門店からはじめるのも1つの選択肢です。

収支計画や採算管理が甘い

喫茶店やカフェは飲食店のなかでも客単価が低めで、シビアな原価計算が求められる業種です。原価計算には材料費だけでなく家賃や人件費、水道光熱費などの経費も入れなければなりません。こういった収支計画や採算管理が甘い状態で開業してしまうと、思ったように利益が上がらず、廃業に追い込まれることがあります。

したがって、できる限りあらゆるリスクを想定した、現実的な収支計画が必要です。適切な採算管理によって、経費と売り上げのバランスがとれた経営を目指しましょう。

効果的な集客施策が打てていない

喫茶店やカフェにも集客施策は必要です。しかし、喫茶店やカフェには集客が必要ないと勘違いしている人も多いようです。

こだわりのコーヒーや食器などに自信があり、「自然とお客様が来てくれるはず」と思い込むのは失敗につながります。他の飲食店と同じように、喫茶店やカフェにも効果的な集客が欠かせません。

したがって、チラシの配布、フリーペーパーへの広告掲載、ホームページやSNS運用による集客を考えておきましょう。開店して間もないなら、近隣にクーポンを配ることもおすすめです。

まとめ

喫茶店やカフェを開業する方法は「自力でゼロから」「フランチャイズ」「雇われ店長として経験を積む」「コンサルタントを依頼する」などがあります。

見てきたとおり、喫茶店やカフェ経営で大きく利益を上げることはとても難しいことため、少しでもリスクや費用を少なくするべきです。

リスクや費用を少なくするためには、マネジメントを学ぶと効果的です。マネジメントを学び、効率的で効果的な経営ができれば喫茶店やカフェ経営も軌道に乗せられるでしょう。堅実な収支計画や徹底的な採算管理で利益を伸ばし、安定した経営を目指しましょう。

 

<<あわせて読みたい>>

すぐわかる!企業が直面する10の経営課題と解決のためのヒント