アマゾンの経営理念とCEOジェフ・ベゾスの「ビジョナリー・リーダーシップ」

ビジネス書としては異例の30万部突破!
書籍『リーダーの仮面』の図説資料
をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!

アマゾンの経営理念

アマゾンの経営理念は「地球上で最もお客様を大切にする企業」であり、日本でも通信販売と言えばアマゾンを使う人が非常に多いと思います。

改めてアマゾンが成長した理由とその企業規模について確認してみたいと思います。

アマゾン設立から成長の歴史

アマゾンは1995年、オンライン書店としてサービスを開始しました。創業者であるジェフ・ベゾスは非常に小規模ではじめたにも関わらず、このオンラインストアを世界最大の商店にするという目的を持っていたのです。

こうしてガレージから事業をスタートさせたアマゾンは、2017年決算ではおよそ20兆円の売上と3,000億円もの純利益を生み出す世界有数の企業へと成長しています。

今では世界中で50億以上の商品を出荷しており、日本でもネット通販ではアマゾンを使う人が大多数を占めるまでになりました。現在も驚異的な成長を続けている企業です。

 

日本の流通業者とアマゾンの違い

アマゾンは「地球上で最もお客様を大切にする企業」という経営理念のもと、利益の大部分を商品の値下げや新規事業、物流の再構築などの長期的な投資を行うことに特徴があります。

売上に対しての利益率は決して大きくありません。「利益は出ていない。出すことは可能だが、同時にそれは愚かなこと」というジェフ・ベゾスの言葉も有名です。日本の企業においては「客単価×客の数」という尺度で計算しますが、アマゾンは「1人の顧客が生涯にわたり生み出す利益×アクティブユーザー数」という尺度で計算します。

生涯にわたりアマゾンを利用し続ける利用頻度が高いユーザーを育てることを目的としているのです。この考え方が顧客の満足度に繋がる結果を生み出しているのです。

 

究極に「安く売るために努力する」会社

コスト削減を実施し、顧客に還元すると宣伝している会社は多くありますが、アマゾンほど徹底してこれを実行している会社はないかもしれません。

書籍を割引することは日本ではできませんが、「では配送料を無料にする」というサービスを打ち出します。アマゾンジャパンのジャスパー・チャン社長は「短期的な利益など重視しない。顧客が喜ぶサービスを提供すれば必ず成功できる」と発言しています。

ジェフ・ベゾスも「会社には2種類ある。高く売るために努力する会社と、安く売るために努力する会社だ。アマゾンは後者になる。」という方針を明確に打ち出しています。

 

<<あわせて読みたい>>

スティーブ・ジョブズのリーダーシップとティム・クックのマネジメント『理想のリーダーシップとは?』

 

ビジョナリー・リーダーシップとは何か?

アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスのリーダーシップとは、一般的に知られる「リーダーシップ」というものとは少し違うものです。それは、「ビジョナリー・リーダーシップ」というものです。

ビジョナリー・リーダーシップとは1992年に南カリフォルニア大学経営学名誉教授でリーダーシップの研究で知られる専門家であるバート・ナナスの提唱されたものです。

ここからはジェフ・ベゾスのビジョナリー・リーダーシップについて深く掘り下げてみたいと思います。

 

ビジョナリー・リーダーシップとは

ビジョナリー・リーダーシップとはビジネスにおけるビジョンの設計と実現が、リーダーの最も重要な行動であるとする考え方のことです。一般的にはリーダーシップとは人に影響を与えながら成功へと導くこととされていますが、ビジョナリー・リーダーシップとはそのリーダーが思い描く未来をチーム全員に共有させていくことです。

「将来、我々があるべき姿」をイメージさせ、実現していくというベクトルが一致したチームほど強いものは無いでしょう。ビジネスにおいては刻一刻と状況が変化していくためにその「正解」というものが移り変わっていくものですが、リーダーには断固とした意志で「こういった世界を実現させる」という方針の打ち出すことが必要であり、そのビジョンの実現のためにチームのメンバーは働くことができるようになります。

 

ジェフ・ベゾスのビジョナリー・リーダーシップ

アマゾン創業当時のジェフ・ベゾスも「世界最大のセレクション」というビジョンを打ち出しています。小さなガレージから始まった小規模な会社でもそのビジョンは明確にあったのです。アマゾンのロゴマークにはAからZまで矢印が伸びており、「どんな商品でも扱っている」ことをイメージさせます。

そしてジェフ・ベゾスのビジョンは現実のものとなり、4大インフラ企業「 GAFA(「ガーファ」グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)」と呼ばれる企業の1つにまで成長していったのです。

 

アマゾン・エフェクト…ジェフ・ベゾスの次の戦略

こうしたアマゾンの影響は「アマゾン・エフェクト」と呼ばれ、世界に重大な変革をもたらしています。それは、アナログからデジタルへの移行です。アマゾンは「時間」「距離」「量」「方向」の制約を解放してしまった企業です。人は24時間、世界中のどこからでも買い物ができるようになり売り手と買い手がコミュニケーションをとれる時代になりました。

電子書籍のキンドル、エコーというスマートスピーカー、アマゾンゴーというレジのない食品店やドローンによる配達など、話題は尽きません。次はAIを導入した究極の「アマゾン・カー」を開発すると発表しています。

 

<<あわせて読みたい>>

「胆識」とは?これからのリーダーにとって大切な実行力について徹底解説!

 

ビジョナリー・リーダーシップが人を引きつける理由

「火星人」と言われるほど人間的には「変わり者」と呼ばれるジェフ・ベゾスですが、ビジョナリー・リーダーシップによって人はベゾスに引き付けられていきます。ビジョナリー・リーダーシップが人を引き付ける理由とは何でしょうか。

 

ビジョンを示すことで何が起こるのか

リーダーシップには大きく2種類あると考えられます。それは「人間的魅力」によりリーダーとなるものと「構想的魅力」によるリーダーシップです。ジェフ・ベゾスは明らかに後者であり、一個人としてのジェフ・ベゾスは「変わり者」と呼ばれています。友人として付き合うのは難易度が高いでしょうが、ビジネスリーダーとしてはこれほど魅力的な人物はいません。

ビジョンを示すことで「世界が向かうべき方向」を明確にし、そのチームのメンバーに高いモチベーションを与えてくれます。より大きな規模に向くタイプのリーダーはビジョナリー・リーダーシップによるものなのかもしれません。

 

「アマゾンは普通のことはしません。特別なことを行う企業です」

時に「火星人」といわれるジェフ・ベゾスは少年時代にはロケットが大好きだったそうです。現在ではNASAと手を組み、「多くの人が宇宙に住めるようにしたい」という発言もしています。「アマゾンは普通のことはしません。特別なことを行う企業です」とジェフ・ベゾスはアマゾンの方向性を示しています。

ジェフ・ベゾスのビジョナリー・リーダーシップは世界規模ではなく、宇宙の規模を見ているのかもしれません。

 

<<あわせて読みたい>>

「最新の」孫正義氏に学ぼう【リーダーシップ論】

 

まとめ

さて、今回はアマゾンCEOジェフ・ベゾスの「ビジョナリー・リーダーシップ」について考えてきました。リーダーシップにも様々なものがありますが、ジェフ・ベゾスは徹底的に自身の考えを主張し実践してきました。

「地球上の商品がなんでも買える店を作る」「顧客の体験が第一」「利益が出る方法ではなく、安く売れる方法を考える」という誰もが考えつくが実現は不可能と思ってきた事を可能にしていったのです。ジェフ・ベゾスには未来を指し示す能力があったのです。アマゾンは今もジェフ・ベゾスの構想通りに成長を続けています。

ジェフ・ベゾスによって示されたように、ビジョナリー・リーダーシップとはその構想とビジョンにより多くの人を惹きつけるものなのです。

 

<<あわせて読みたい>>

メタバースとは?メタバースの語源や意味、具体例をわかりやすく解説!

DXとは?なぜDXと略すの?デジタルトランスフォーメーションの意味や定義をわかりやすく解説

書籍『数値化の鬼』の要約解説図をプレゼント!
書籍『数値化の鬼』図解要約資料

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』が、なんと発売後 約1か月で12万部を突破しました!

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』の図解解説資料を作成いたしました!

一度書籍をお読みになった方も、まだお手元にない方もどなたでも満足いただける完成度となっています!

眺めるもヨシ、印刷して目の付くところに飾るもヨシ、使い方は自由自在!

是非、こちらからDLしてくださいね!