インポスター症候群とは?優秀な女性に多い「管理職になりたくない」の理由を徹底解説!

高い能力を持ち、キャリア形成への意欲も高い—
その一方で管理職への昇進を打診しても断わられてしまう社員がいる場合、「インポスター症候群」に陥っている可能性を考えても良いかも知れません。

インポスター症候群に陥ると自己評価が下がり、「自分にはそんな能力はない」と思い込んでしまうため、新しいことへのチャレンジや昇進に否定的になってしまいます。
では、そんな「インポスター症候群」とはどのようなものなのでしょうか。

 

<<あわせて読みたい>>

キャリアアンカーとは?キャリアアンカーによる自己分析や組織での活かし方を徹底解説!

 

「インポスター」=「詐欺師」

 

インポスター症候群とは、自分の実力や成功を自分で認めることができない心理状態を指します。

インポスター(Imposter)は「詐欺師」の意味で、自分が周囲をだましているのではないか、と考えてしまうということです。

実力で成功を収め高く評価されても、
「偶然にすぎない」
「次もうまくいくわけではない」
「周りに恵まれていただけ」
とネガティブなことばかり浮かんでしまうため、管理職やリーダーを打診されても「自分にはそんな能力はない」と感じてしまうのです。
また、「いずれ自分の成功が自分の能力でないことがばれてしまうのでは」とまで考えてしまっている人もいます。

俳優のトム・ハンクスさんや女優のエマ・ワトソンさんもインポスター症候群の経験を告白しているほか[1]、米フェイスブックのCOOであるシェリル・サンドバーグ氏も、著書の中で自身にインポスター症候群の傾向があると告白しています[2]。

 

<<あわせて読みたい>>

メンタルマネジメントとメンタルヘルスマネジメントについて徹底解説!モチベーションをコントロールしよう

 

キャリア形成はしたいが管理職にはなりたくない

 

インポスター症候群は、優秀な女性に多いとされています。
パーソル総合研究所が実施した調査では、管理職への希望と成長への意識について興味深い結果が得られています。

まず、管理職を希望する人の割合を性別・年代別に見るとこのようになっています(図1)。


図1 管理職への希望
(出所:「働く1万人の就業・成長定点調査2018」パーソル総合研究所)
https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/column/201901250001.html 

20代、30代の若い世代でも、女性の管理職希望が男性より低いことがわかります。
しかし一方で、成長意欲については下のような結果になっています(図2)。


図2 成長意欲
(出所:「働く1万人の就業・成長定点調査2018」パーソル総合研究所)
https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/column/201901250001.html 

成長意欲は、むしろ女性の方が高いくらいです。「女性は意欲が低い」と考えているマネジメントがいたとしたら、ここは考えを改める必要があります。

 

<<あわせて読みたい>>

ディズニー流・究極の人材育成術とは?「3日で自立させる」元トレーナーが明かすホスピタリティについて

 

「社内の関係者からどう思われるのか、非常に怖い」女性たち

 

スタッフ1300人のうち98%が女性、というエステサロン運営会社「ヴィエリス」の経営者である佐伯真唯子氏は、国連SDGs推進会議で「ジェンダー平等」についてスピーチした実績を持つ人です。

その「ヴィエリス」が丸の内で勤務する女性を対象に実施したアンケート調査によると、「自分の今の立ち位置は実力ではなく運がいいから、周りの人に恵まれたからだと思うことがありますか」との設問に対する回答は下のようになっています(図3)。


図4 自分の立ち位置について
(出所:「丸の内ワーキングウーマンの46.3%が『インポスター症候群』だと自覚あり!約5割が自己肯定できない事実」株式会社ヴィエリス)
https://vielis.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/pr20201201.pdf p2

8割を超える女性が「実力ではないと思うことがある」と感じているのです。
そして、「自分に能力がないことを人から見抜かれるんじゃないかと不安になること」があるとする女性も多く存在しています(図4)。


図4 自分に能力がないことを見抜かれるのではないかとの不安について
(出所:「丸の内ワーキングウーマンの46.3%が『インポスター症候群』だと自覚あり!約5割が自己肯定できない事実」株式会社ヴィエリス)
https://vielis.co.jp/wp-content/uploads/2019/02/pr20201201.pdf p2

7割を超える女性が、「実は自分に能力がないことを見抜かれるのではないか」と感じているという結果なのです。

そして、日経ウーマノミクスプロジェクトのアンケートでは、インポスター症候群の傾向にある女性の話として、このようなものが紹介されています。

・38歳というかなり早い段階での課長昇進であり、社内の関係者からどう思われるのか、非常に怖いです。「たまたまだ」「力不足だ」「運がよかっただけ」「女性活躍の一環でしょ」という声が頭の中に聞こえてきます。

・自身を怠けものだと認識しており、要領よく今まで乗り切って会社の中でも昇格できていたが、今後もそれが継続できるか、いつか怠けている自分に周囲が気付くのではないかと不安になることがあった

<引用:「実はあなたも『インポスター症候群』!?  自信なくても前に進みたい」日経ウーマノミクス>
https://nwp.nikkei.com/report/2020/research1.html

自分への高い評価に、むしろ苦しんでいる様子がうかがえます。いくつかの理由が考えられます。

 

<<あわせて読みたい>>

エニアグラムを使った9タイプのマネジメント方法とは?

 

何が女性をインポスター症候群に陥らせるのか

 

こちらは、労働政策研究・研修機構の調査です。
女性が管理職を希望しない理由については下のような結果が得られています(図5)。


図5 課長以上への昇進を希望しない人の理由
出所:「女性の活躍促進について」労働政策研究・研修機構)
https://www.jil.go.jp/event/ro_forum/20151215/resume/02_houkoku_nagata.pdf#page=5&view=Fit p9

男女で大きな差がある項目について見ていきましょう。

まず大きいのは、
「仕事と家庭の両立が困難になる」
「周りに同性の管理職がいない」
が突出しています。

いずれも大きな要素ですが、女性の「インポスター症候群」という面から見ると、「仕事と家庭の両立」というのは表向きな回答である可能性もあります。

そして、「周りに同性の管理職がいない」ことは非常に大きな要素と考えられます。
多くの女性が管理職昇進に対して同じような戸惑いを抱きつつも、相談相手がいないのです。

一方でメリットがないという考え方や、仕事が増えることに対しては、男性よりも仕事内容に対する許容範囲は広い様子が見て取れます。

インポスター症候群独特の不安を取り除くことができれば、意欲的に管理職をこなしてくれる人材になるのです。

 

<<あわせて読みたい>>

「経営者目線を持て」という松下幸之助の発言は、本当に「ブラック」なものなのだろうか。「社員稼業」より

 

多くの女性が抱える悩みだと認知するところから

 

特に女性のこうした「自信のなさ」を克服するために第一生命が取り入れているのが「次世代女性リーダー研修」です。

「管理職とは何をすれば良いのか」がわからないことからくる不安や、同じ世代・ポジションの女性を集めることで、自信のなさや不安は皆同じなのだ、ということを共有し、前向きなマインドに切り替わるといいます[3]。

このような研修を設けるまでとはいかずとも、昇進を打診する場合に、「相手は不安を抱えているのだ」という前提で接するのもまた良いでしょう。
一方的に「あなたならできる」と背中を押すのではなく、まずは仕事ぶりの詳細=本人の実力である部分を具体的に評価することです。
経過も含め、その人のどこを評価し能力を感じたのか、理論的に説得する必要があります。

そして同時に「不安なのはあなただけではない」ということを伝えることが必要です。
ざっくりとした理由で打診すると、うまくいかない可能性が高まります。

なお、先に紹介したパーソル総合研究所の調査結果の中には、このようなものもあります(図6)。

図6 成長意欲と管理職意向の関係
(出所:「働く1万人の就業・成長定点調査2018」パーソル総合研究所)
https://rc.persol-group.co.jp/thinktank/research/column/201901250001.html 

「成長意欲はないが管理職意向はある」という男性社員が約2割存在しているのです。

この2割を意欲だけで管理職にするのか?管理職意向はないものの、その理由を解きほぐして優秀な人材を昇進させるか?
答えは明らかではないでしょうか。

 

まとめ インポスター症候群を知っておこう

もちろん、インポスター症候群は男性にも存在します。
思い込みが強くなりすぎると抑うつ状態にまで発展することがあります。

「謙虚」と「卑下」の境界線をうまく引いてあげることも、マネジメントとして日常的に必要なことになるでしょう。

 

<<あわせて読みたい>>

会議中の「愛ある説教」が部下のパフォーマンスを低下させる3つの理由

 

[adrotate group=”15″]

[1]「自己肯定できない『インポスター症候群』が日本で急増している理由」ダイヤモンド・オンライン
https://diamond.jp/articles/-/251108?page=2
※閲覧できない場合はこちらの画像でご確認ください。
[2] 「『自信ない症候群』を克服 管理職めざす女性たち」日経WOMAN SMART
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO57500910R00C20A4000000?page=2
[3]「『自信ない症候群』を克服 管理職めざす女性たち」日経WOMAN SMART
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO57500910R00C20A4000000?channel=DF130120166018 

[adrotate banner=”36″]