2020/08/01

できない理由ばかり言う人の5つの特徴とマネジメント法

人間は弱い生き物で、どうしても「できない理由」ばかり探してしまいます。筆者の身近にも「できない理由」ばかり探す人がいます。

友達であればあまり問題はないかもしれませんが、これが会社の上司部下というような関係であれば問題です。

今回はできない理由ばかり探す人の特徴と、そのマネジメント方法について解説します。

 

できない理由ばかり探す人の5つの特徴

 

失敗をするのが怖い

できない理由ばかり探す人の1つめの特徴は、過剰に失敗を恐れるということです。

人間誰しも失敗は避けたいものです。しかしあまりにもその不安が強すぎると、一切リスクを取らない人間になってしまいます。

失敗をするのを恐れる人は、失敗が起こり得るシチュエーションをなるべく避けようとします。こうして「できない理由」ばかりを追い求めるようになります。

 

プライドが高い

失敗をするのが怖いというトピックと少しばかり重複しますが、プライドが高い人もまた、できない理由ばかり探しています。

プライドが高い人は常に自分の誇りを傷つけられることを恐れています。何となく高飛車なイメージが付きまといがちですが、その実中身は物凄く繊細なのです。

プライドが高い人は、仕事を失敗したり、低調なパフォーマンスに終始することを恐れます。そしてとにかくできない理由を探し、自分を守ろうとするのです。

 

周りに頼るのが苦手

周りに頼るのが苦手というのもまた、できない理由ばかり探す人に顕著な性格です。

特に現代の若者に多いのですが、「人に質問する」ことに抵抗があり、なかなか聞き出せないというケースが多いです。

本人からすれば「相手の迷惑にならないように」と気を遣っているつもりでしょうが、上司からすれば「問題があればすぐに相談してほしい」はずです。

もちろんプライドが邪魔をしている場合など、色々なパターンが考えられますが、結局そうした人は周囲に頼ることができず、できない理由ばかり探すようになります。

 

仕事へのモチベーションが低い

仕事に対するモチベーションが低い場合も考えられます。

仕事への意欲が低ければ、なるべく業務に関わらないように立ち振る舞うはずです。そして結局できない理由ばかり探すようになります。

特にモチベーションに関しては、会社側が原因になっていることもあるため、慎重にマネジメントしていくことが重要になってきます。

 

そもそも能力が足らない

上記4つはどちらかというと感情的な話でしたが、「そもそも能力が足らない」という技術的な問題もあります。

例えば研修を十分に受けられなかったり、積み重ねてきたノウハウが活かせない部署に配属されたり、事情は様々でしょう。

能力が足らなければ当然仕事も上手くいかず、「自分は役に立っていない」と思い込み、できない理由を探すようになるという負のスパイラルに陥ります。

特にこのような問題は当人だけで解決することはできないため、会社側のマネジメントが重要な役割を持つことになります。

 

人はそもそもできない理由の方が思いつきやすい

 

どんな状況でも自信に満ち溢れ、ピンチを切り抜けていける人はそう多くありません。やはり人間はちょっとしたことで不安になりますし、楽な方向へと流れいきがちです。

そもそも人間はできる理由よりも、できない理由の方が思いつきやすい生きものです。ですから、できない理由が思いつくからと言って、その人が人として駄目なわけではありません。

そして先ほど確認したように、「できない理由ばかり探す」という状態に至るまで、色々なパターンが考えられます。

それこそ、「失敗が怖い」や「プライドが邪魔をする」といった感情的なものから、「そもそも能力が足らない」という技術的な問題まで多岐に渡るのです。

人間は完璧ではないし、組織も完璧ではありません。そして、だからこそマネジメントというものが重要な意味を持つのです。

できない理由ばかり探す人がいるのなら、そうした人が挑戦できるような環境を作ってあげるのも、上司や管理職の仕事のひとつでしょう。

 

できない理由を探す人へのマネジメント法

 

仕事を分解して任せる

まずは仕事を分解して任せるようにしましょう。一連の業務をひとかたまりにして投げてしまうと、とくに技術が足りていない人は困ってしまいます。

まずは簡単なものから任せていき、徐々にステップアップしてもらうようにすれば、部下も気持ちよく働くことができるでしょう。

 

定期的にフィードバックをする

できない理由ばかり探す人は、自信がないことが多いです。「自分がどれだけ組織に貢献できているのか?」「自分の現在地はどこ?」と思っている人は多いです。

定期的にフィードバックをし、指針を示してあげることはとても重要です。それは部下の技術だけでなくモチベーションにも繋がるからです。

 

コミュニケーション量を増やす

上司や仕事に不満を持っている人は、職場でのコミュニケーションが上手くいっていない場合が多いです。

報・連・相といった連絡ごとはもちろん、ちょっとした雑談を振ってあげるだけでも、部下の気持ちは軽くなります。

仕事というものは人と人とが繋がって初めて成立するものです。コミュニケーションの重要さだけは忘れないようにしましょう。

 

できない理由はマネジメントで減らそう

どうしても人間はできない理由ばかりを探してしまいます。しかしそれは当人の問題もあれば、環境が整っていないという場合もあります。

少しばかりマネジメントを工夫するだけで、改善できることは沢山あります。

できない理由ばかり探す人を頭ごなしに否定するのではなく、まずは挑戦できる環境を作ってみてはいかがでしょうか。

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1500以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレーニングとは、「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していくものです。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

参照
東洋経済:なぜあの人は「できない理由」ばかり探すのか
https://toyokeizai.net/articles/amp/76425?display=b&_event=read-body