大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

組織の成功循環モデル

テーマ:組織マネジメント
理論(コンセプト)名称:組織の成功循環モデル
提唱者:ダニエル・キム マサチューセッツ工科大学 教授
時期:不明

理論の紹介:
組織の成功循環モデルとは、組織が継続して成果を上げていくための仕組みやポイント、良い成果に至るまでの過程を示唆した組織マネジメントモデル。

<<あわせて読みたい>>

メタバースとは?メタバースの語源や意味、具体例をわかりやすく解説!

DXとは?デジタルトランスフォーメーションの意味や定義をわかりやすく解説

組織の成功循環モデル

組織が求める「成功・成果」といった良い「結果」を出すためには「行動」や「思考」から変えることが必要であり、これら2つの質を高めるために一番重要なことは、組織内メンバーの「関係性」であると主張する。

同モデルは、名前の通りループするモデルである。
すでにでている「結果」をもとに、良い結果にしていこうと行動を変化させることはさらに結果の質の悪化を招き、マイナスのスパイラルが続くこととなる。逆に、まずは「関係性」の向上を重要視していくことで、思考や行動が良質なものに変化していき、引いては良い「結果」へとつながっていく。良い「結果」はさらに「関係性」の質を向上させ、何度も良い「結果」をもたらすプラスのスパイラルとなる。

目に見える結果を基準にスタートするのではなく、先に組織内の「関係性の質」にフォーカスをあて明らかにすることで、組織に持続的な成長をもたらすと述べている。

 

<<あわせて読みたい>>

OODAループとは?PDCAサイクルとの違いやOODAが注目される理由を徹底解説!

 

関連外部記事リンク:
ITmediaエグゼクティブ「戦略を実行する第2ステップ―組織の成功循環モデルを知り、リーダーシップを強化する」
http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1112/05/news007.html

ビジネス書としては異例の30万部突破! 書籍『リーダーの仮面』の図説資料をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

図解ですから、眺めるだけでOKまとまった時間を取って、じっくりと読む必要はありません!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!