2017/12/18

プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)

テーマ:キャリア
理論(コンセプト)名称:プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)
提唱者:ジョン・D・クランボルツ スタンフォード大学教授
時期:1999年 「Planned Happenstance: Constructing Unexpected Career Opportunities」論文発表

理論の紹介:
計画的偶発性とは、「キャリアの8割は予測しない偶発的な事によって決定される」という説から、その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていく考え方である。予期せぬ出来事をキャリアの機会としてとらえた場合、このような出来事を「プランド・ハプンスタンス」と呼んでいる。

自分の理想像を描き、それを実現させるために計画を練るが、変化の激しい現代では、あらかじめ計画した通りに進まず、さらには計画したキャリア以外の可能性を捨ててしまうことにつながるため、計画に固執することは現実的ではないと述べている。

計画的偶発性とは、「偶然の出来事」に対して失敗を恐れず最善を尽くし、積極的な行動をしていくことによって、ステップアップできるという考え方。

「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」に変えるには、好奇心・持続性・柔軟性・楽観性・冒険心の5つのスキルが必要と述べている。これらのスキルを使って、積極的に行動を起こし、「プランド・ハプンスタンス」を作り出すことによって結果的に個人の「人生の質」を深めていると呈している。

 

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1800以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレーニングとは、「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していくものです。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

 

関連書籍リンク:
その幸運は偶然ではないんです!(ジョン・D・クランボルツ、A.S.レヴィン著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478733244/

関連外部記事リンク:
http://www.mri.co.jp/NEWS/magazine/local/2006/__icsFiles/afieldfile/2008/10/21/20060701_ccd02.pdf