大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)

テーマ:キャリア
理論(コンセプト)名称:プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)
提唱者:ジョン・D・クランボルツ スタンフォード大学教授
時期:1999年 「Planned Happenstance: Constructing Unexpected Career Opportunities」論文発表

理論の紹介:
計画的偶発性とは、「キャリアの8割は予測しない偶発的な事によって決定される」という説から、その偶然を計画的に設計し、自分のキャリアを良いものにしていく考え方である。予期せぬ出来事をキャリアの機会としてとらえた場合、このような出来事を「プランド・ハプンスタンス」と呼んでいる。

<<あわせて読みたい>>

メタバースとは?メタバースの語源や意味、具体例をわかりやすく解説!

DXとは?デジタルトランスフォーメーションの意味や定義をわかりやすく解説

プランド・ハプンスタンス(計画的偶発性理論)について

自分の理想像を描き、それを実現させるために計画を練るが、変化の激しい現代では、あらかじめ計画した通りに進まず、さらには計画したキャリア以外の可能性を捨ててしまうことにつながるため、計画に固執することは現実的ではないと述べている。

計画的偶発性とは、「偶然の出来事」に対して失敗を恐れず最善を尽くし、積極的な行動をしていくことによって、ステップアップできるという考え方。

「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」に変えるには、好奇心・持続性・柔軟性・楽観性・冒険心の5つのスキルが必要と述べている。これらのスキルを使って、積極的に行動を起こし、「プランド・ハプンスタンス」を作り出すことによって結果的に個人の「人生の質」を深めていると呈している。

 

<<あわせて読みたい>>

キャリアアンカーとは?キャリアアンカーによる自己分析や組織での活かし方を徹底解説!

 

関連書籍リンク:
その幸運は偶然ではないんです!(ジョン・D・クランボルツ、A.S.レヴィン著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478733244/

関連外部記事リンク:
http://www.mri.co.jp/NEWS/magazine/local/2006/__icsFiles/afieldfile/2008/10/21/20060701_ccd02.pdf

ビジネス書としては異例の30万部突破! 書籍『リーダーの仮面』の図説資料をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

図解ですから、眺めるだけでOKまとまった時間を取って、じっくりと読む必要はありません!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!