【無料】マンガで学ぶマネジメント公開中!

ハーズバーグの動機づけ・衛生理論とは?

テーマ:人材育成
理論(コンセプト)名称:ハーズバーグの動機づけ・衛生理論
提唱者:フレデリック・ハーズバーグ 心理学者
時期:1959年に原書「The Motivation to Work」刊行

理論の紹介:
ハーズバーグの動機づけ・衛生理論とは、モチベーション理論の一つであり、仕事に対し満足をもたらす要因と不満足をもたらす要因が異なることを示し、前者を「動機づけ要因」、後者を「衛生要因」と呼んだ。この理論は、二要因理論とも呼ばれる。

<<あわせて読みたい>>

メタバースとは?メタバースの語源や意味、具体例をわかりやすく解説!

DXとは?なぜDXと略すの?デジタルトランスフォーメーションの意味や定義をわかりやすく解説

ビジネス書としては異例の30万部突破!
書籍『リーダーの仮面』の図説資料
をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!

動機づけ・衛生理論とは?

「動機づけ要因」には、達成、承認、仕事、責任、昇進、成長の可能性などがあり、「衛生要因」には、会社の方針と管理、監督、仕事上の人間関係、職場環境、安全保障、給与などがある。これらから、動機づけ要因が仕事の満足感を与えるものであり、衛生要因が不満に結びつくものであることが分かる。

つまり、いくら衛生要因を満たしても、動機づけ要因を満たさなければ、満足度は上がらない。逆に、動機づけ要因が満たされていても、衛生要因が満たされなければ、不満が大きくなる。

よって、メンバーのモチベーションを上げるには、動機づけ要因と衛生要因の両方を確認し、満足度を上げる要因を高め、不満が大きくなる要因を解消するように導くことが重要になる。

 

<<あわせて読みたい>>

モチベーションアップの秘訣とは?モチベーションは「やる気」ではなく「動機」が大切な理由

 

 

関連外部記事リンク:
DIAMOND ONLINE フレデリック・ハーズバーグ 動機づけ―衛生理論
http://diamond.jp/articles/-/2084

書籍『数値化の鬼』の要約解説図をプレゼント!
書籍『数値化の鬼』図解要約資料

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』が、なんと発売後 約1か月で12万部を突破しました!

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』の図解解説資料を作成いたしました!

一度書籍をお読みになった方も、まだお手元にない方もどなたでも満足いただける完成度となっています!

眺めるもヨシ、印刷して目の付くところに飾るもヨシ、使い方は自由自在!

是非、こちらからDLしてくださいね!