大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

織田信長の組織論 いかにして戦国屈指の強国をつくり上げたか

織田信長は弱小国だった尾張国をどのようにして戦国屈指の強国に変えたのでしょうか。

今回は織田信長の組織論に注目しながら解説していきたいと思います。

織田信長とは

織田信長は、豊臣秀吉、徳川家康とともに「戦国三英傑」と称され、日本の後期封建社会の基礎を築いた人物と言えます。

天下布武の号令のもと各国を平定し、戦国の日本を統一寸前まで進めていった人物です。

信長の生国は現在の愛知県、当時は尾張国と呼ばれる地域で、近隣の国々には、今川家や斎藤家、武田家ら名だたる武家が領地を持っていました。

そんな大国に囲まれながらも勢力を拡大していくことができたのには理由があります。

それが、時代の先を行く組織づくりです。

兵農分離  兼業兵士ではなく職業兵士

信長の誕生前、尾張国は弱小国に過ぎませんでした。

というのも、それまで戦は数の原理にて雌雄が決していたため、狭小国の尾張はそもそも兵の数が少なく、結果的に弱小国の立場に甘んじていたのです。

信長の父、織田信秀も勇猛な武将であったと伝えられていますが、自国の領土を守ることに精一杯で、領土を拡大するまでの余裕はなかったようです。

しかし、信長が当主となってからは状況が大きく変わりました。桶狭間の戦いに始まり、足利義昭の擁立、幕府再興などそれまでの武将が成し遂げられなかった偉業を次々と達成していくのです。

背景には、兵農分離による組織づくりを経て織田家の軍事力が高まってきたことがあります。

信長は自身が家督を継いで以降、農家の次男坊や三男坊などを積極的に兵として登用しました。犬千代こと前田利家も士豪(田舎の親分)の四男だったようです。

これが後の兵農分離の原型となり、日本史において初めて職業兵士が誕生したと言われています。

それまで、兵士の多くは農民であり、戦が始まるとその都度招集されていました。

農民の主たる仕事といえばもちろん農業です。農民は種植えや刈取りを通じて自分たちの生計を立てていますし、年貢も納めなければなりません。

生きていく糧を得るためには、戦ではなく農業が必要なのです。

ですから、大名が農繁期に戦を起こしてしまうと、大半の兵は戦への集中力など発揮することはできません。

所説ありますが、戦国最強とうたわれた軍神上杉謙信が天下を手中に収められなかった理由の一つに、この点が関係しています。

12月~2月は、そもそも雪の影響で進軍ができません。

45月は種植えのシーズンですし、910月も収穫のシーズンであるため兵が集まりません。

こう考えると、大きく兵を動かせる期間は68月の3カ月程度しかなかったのです。領民を大切に扱った謙信ですから、なおのこと無理な出兵はできなかったのでしょう。

自分の役割に集中させる

識学には「必要度」という理論があります。

必要度とは、その時々に何が最も必要性が高いかによってつけられる優先順位のことです。人の思考は必要度が最上位のものにしか働きません。

例えば、デイトレードにのめり込み、就業時間中も相場に夢中になっている人を想像してみてください。表面的には仕事をしていても、頭の中は相場でいっぱいという状態です。

信長がこの内容を知っていたかどうかは不明ですが、おおよそ次のように考えていたとされています。

「農家は農業で生計を立てなければならない。ならば、兵士でも生計を立てられる道を作れば良い。しかも、継ぐ家が無い次男や三男を雇えば、一層、戦に集中するだろう」

こういった狙いから、信長による職業兵士の軍隊がつくられていったのです。

もちろん、この職業兵士を維持するには豊富な資金が不可欠です。それゆえ、信長は商業の活性化にも力を注いでいます。

すべては強い国を目指し、戦の勝利から逆算した国づくりを進めていったからだと言えるでしょう。例えば、この逆算の考え方は織田軍の組織図に表れています。

成熟期の織田家は方面軍システムを採用していました。

方面軍とは、軍隊を本営といくつかの軍団に分ける考え方を指します。

織田軍でいうと北陸方面軍は柴田勝家、中国方面軍は羽柴秀吉といったように、各地域に責任者がいて、その支配下での戦略は各責任者に任せられていました。つまり、信長がすべての意思決定をしていたわけではないのです。

信長が待つのは勝利の報告のみでした。

だから織田軍の動きは速かったのです。

専業兵士が生きる糧を得るために戦に集中するように、責任者の立場にある武将も自らの役割を果たすために、指示待ちではなく、必要な意思決定を下せる、そういう組織を作っていたのです。

役割と権限を明確にし、結果に集中させる、これはまさに識学の教えです。いつの時代も強い組織には共通項があると分かりますね。

強い組織の作り方

識学ではピラミッド型組織の一つである「編成型組織」の構築を推奨しています。

これは、目的やルール、役割、責任範囲などが明確になっている組織で、ロスタイムが少ない、動きが早い組織であると解説しています。

リーダーが、部下のやることなすこと諸事万端に意識を向け、配慮していたら、組織の成長は促進されるでしょうか。そんなことはあり得ません。

リーダーだからこそ組織の到達点を見据え、部下が達成すべき目標を設定したらそれ以上は何も言わないのです。

リーダーが目標を設定したら、部下が一斉に走り出す。武将が天下統一に向けて全力で動き出す姿と重ね合わせて見てください。

まずは組織が目指す先、組織の目標を明確にしてください。もちろん数値と期限の設定を忘れずに。

そして、その達成度合いに応じた評価の内容もはっきりさせておきましょう。

武功を挙げればより多くの糧を得る、挙げなければ糧は得られない。

この原則から目を背けてはいけません。

目を背けることは組織の成長を妨げ、それこそ社員の不幸に繋がってしまいます。

今回は織田信長から見る強い組織のつくり方に関して解説しました。この考察を続けていくと、識学理論の「評価と管理の方法」の話に入ることになります。興味がある方は、ぜひ、識学講師の無料デモをお試しください。

ビジネス書としては異例の30万部突破! 書籍『リーダーの仮面』の図説資料をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

図解ですから、眺めるだけでOKまとまった時間を取って、じっくりと読む必要はありません!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!