大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

カッツの3能力について『まとめ』

テーマ:人材育成
理論(コンセプト)名称:カッツの3能力
提唱者: ロバート・カッツ ハーバード大学元教授
時期: 1955年に原書「Skills of effective administrator」刊行

「カッツの3能力」理論の紹介:

ロバート・カッツにより提唱された「カッツの3能力」とは、マネジャーの能力を「テクニカル・スキル」「ヒューマン・スキル」「コンセプチュアル・スキル」の3つに分けて整理したもの。これはカッツモデルとも呼ばれる。

 

テクニカル・スキル

テクニカル・スキルとは、業務遂行能力であり、担当する業務を遂行する上で、必要な知識や技術である。

ヒューマン・スキル

ヒューマン・スキルとは、対人関係能力と呼ばれ、仕事上の上司、部下、同僚、顧客、得意先などに対するコミュニケーション力、交渉力、調整力などの能力だ。

コンセプチュアル・スキル

コンセプチュアル・スキルとは、概念化能力と呼ばれ、周囲の事象や状況を把握し、問題の本質をとらえる能力である。このスキルにより、問題意識、問題解決、総合判断などの能力が強化される。

<<あわせて読みたい>>

メタバースとは?メタバースの語源や意味、具体例をわかりやすく解説!

DXとは?デジタルトランスフォーメーションの意味や定義をわかりやすく解説

まとめ 「カッツの3能力」

これら3つのスキルについて、マネジメントの階層(レベル)により要求されるスキルが変化する。一般社員に近いローワー・マネジメントでは、テクニカル・スキルとヒューマン・スキルが多く必要とされ、コンセプチュアル・スキルはそれほど必要とされない。逆にトップ・マネジメントでは、コンセプチュアル・スキルとヒューマン・スキルが多く必要とされ、テクニカル・スキルはそれほど必要とされない。

つまり、ヒューマン・スキルはマネジメントの階層に関わらず必要であり、マネジメントの階層が上がるにつれ、コンセプチュアル・スキルを伸ばす必要がある。

ビジネス書としては異例の30万部突破! 書籍『リーダーの仮面』の図説資料をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

図解ですから、眺めるだけでOKまとまった時間を取って、じっくりと読む必要はありません!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!