2017/12/18

マネジメント

テーマ:組織マネジメント
理論(コンセプト)名称:マネジメント
提唱者:ピーター・F・ドラッカー フランクフルト大学卒。米国クレアモント大学院大学教授
時期:1974年原著「Management」刊行

理論の紹介:
「マネジメント」とは、アメリカの経営学者ピーター・F・ドラッカーが考え出した理論。ドラッカーはマネジメントを「組織に成果をあげさせるための機関」と定義した。マネジメントはいまや先進社会のすべて、すなわち組織社会となった先進社会のすべてにとって、欠くことのできない決定的機関になっている。さらには、あらゆる国において、社会と経済の健全さはマネジメントの健全さによって左右される。

マネジメントには基本と原則があり、それは状況に応じて適用すべきものではあっても、断じて破棄してはならないものである。さらに、マネジメントの基本と原則は、それぞれの企業、政府機関、NPOのおかれた国、文化、状況に応じて適用していかなければならない。

ピーター・F・ドラッカーは、著書「マネジメント」のなかで、マネジメントの仕事とは実践であり、成果を出すことであると明確に規定している。

ピーター・F・ドラッカーの考案したおもなマネジメントの理論と手法として、「分権化」「目標管理」「経営戦略」「民営化」「顧客第一」「情報化」「知識労働者」「ABC会計」「ベンチマーキング」「コアコンピタンス」などがあげられる。

 

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1800以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレーニングとは、「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していくものです。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

 

関連書籍リンク:
マネジメント エッセンシャル版(ピーター・F・ドラッカー著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4478410232

関連記事リンク:
ドラッカーのマネジメント論!必要な能力5つ
https://leadership.shikigaku.jp/152/

前の記事へ