2020/09/10

【動画編】他人のモチベーションをアップさせることは不可能だ

あらすじ

入社10年目で大型プロジェクトのリーダーを任された、さとみ(32)。
プロジェクトは順調にいっているかのように思えたが、重要な役割を担う部下が
“モチベーション”を理由に「チームから外れたい」と言い出した。

どうにか部下のモチベーションをあげようと、悩んでいるたさとみの元に、赤ちゃんCEOが現れ、「他人のモチベ―ションをアップさせることは不可能だ」と告げる。

モチベーションの本質と、真のモチベーションの引き出し方とは?

 

 

解説記事

「部下のモチベーションを上げたい」「もっと部下にやる気を出させたい」。
そう考えてさまざまな本を読み、いろいろな方法を試す人もいることでしょう。

しかしそれは残念ながら間違いです。

チームを平等に、的確に評価し、部下個人を成長させるマネジメントの観点からすれば、本来上司は「やる気」「モチベーション」の部分で部下に関わりを持ってはいけません。

ここではたびたび議論になる、やる気とモチベーションの定義を改めて確認しましょう。

これらを個人レベルで引き上げるための方法を紹介しつつ、上司は部下のやる気とモチベーションについてどう考えるべきか、解説します。

『上司は部下の「やる気」「モチベーション」に関わるな』
https://souken.shikigaku.jp/1060/

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1500以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレーニングとは、「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していくものです。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

【免責事項】
本サイトの目的は、リーダーシップやマネジメントなどに関する、様々な考え方や理論を広く紹介し、読者の皆様に有益な情報発信を行うことです。掲載されているすべての記事が「識学」の考え方を反映しているものではありません。