大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

【動画】新一万円札がなぜ渋沢栄一に決定したのか?

あらすじ

新一万円札の顔となる「渋沢栄一」。
聖徳太子や福沢諭吉に比べると「誰?」と思う人が多いのではないでしょうか。

明治を代表する産業界の二大巨頭「渋沢栄一」と「岩崎弥太郎」ですが、実はある出来事から犬猿の仲になってしまったのです。

「2人が組めば、日本の実業界を思うままにできる。一緒にやって大金持ちになろうじゃないか。」
ある日、渋沢は岩崎から魅力的なオファーを受けますが、渋沢はこれを一蹴。

なぜ、渋沢は岩崎の話しを断ったのでしょうか?

このエピソードを元に「渋沢栄一」という人物、またなぜ1万円札に選ばれたのかを
アニメでわかりやすく解説していきます。

「渋沢栄一」に関する解説記事

>>新一万円札の顔に選ばれた渋沢栄一 なぜ岩崎弥太郎ではなく彼が選ばれたのか


[adrotate banner=”36″]

ビジネス書としては異例の30万部突破! 書籍『リーダーの仮面』の図説資料をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

図解ですから、眺めるだけでOKまとまった時間を取って、じっくりと読む必要はありません!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!