2018/01/25

変革プロセス

テーマ:組織変革
理論(コンセプト)名称:レヴィンの変革プロセス
提唱者:レヴィン(社会心理学者)

理論の紹介:
レヴィンの変革プロセスとは、社会心理学者のクルト・レヴィンによって提唱された、組織変革に必要な3段階のプロセスのことを指す。

変革を達成するということは、望ましい目標を特定し、そのゴールに向かって一直線に突き進む、ということではない。効果的に変革を達成するには、まず選択可能なルートすべてを考慮し、さらにそれらの可能性を検証した上で、最適なルートを決定することが必要だとレヴィンは考えた。

レヴィンの変革プロセスの3段階は、解凍、変革、再凍結である。

「解凍」とは、従来からのやり方や固定観念から決別させ、メンバーに「変わらねばならない」と新たな変化の必要性を理解させることである。慣れた既存システムや伝統は、一般的に変革を邪魔するものであるため、まずは動機づけを与えたうえで新たな変化への準備が必要なのである。

「変革」とは、新しい行動基準や考え方を実際に導入し、メンバーに実行させることである。「再凍結」は、導入した新しい変革をメンバーに定着化・慣習化する段階のことである。

再凍結においては、新しい行動基準や考え方を定着させるために、絶えず新しい行動や考え方を強化、奨励する環境を作ることなどが重要と考えられている。

 

関連外部記事リンク:
http://www.aand.co.jp/words/cat127/post-421.html
http://diamond.jp/articles/-/1398?page=3