2018/01/25

徹底のリーダーシップ

テーマ:リーダーシップ
理論(コンセプト)名称:徹底のリーダーシップ
提唱者:ラム・チャラン 経営アドバイザー ハーバード・ビジネス・スクール元教授
時期:2009年

理論の紹介:
徹底のリーダーシップとは、世界中のビジネスリーダーから絶大な支持を受けている経営アドバイザーである、ハーバード・ビジネス・スクール元教授のラム・チャラン氏が、自身の著書「徹底のリーダーシップ」のなかで提唱したリーダーシップ論である。著書が書かれた2009年は、前年の2008年9月に米国で発生したリーマン・ショックにより、金融危機が世界規模で拡大した時期であり、危機の時にビジネスリーダーはどのようにすべきかを説いたものである。

危機の時代において、ビジネスリーダーに最も重要なのは、「キャッシュ」を確保しながら「徹底した経営」を実行することである。「徹底した経営」とは、生の情報を把握し、経営の細部まで徹底して踏み込んでいくリーダーシップを発揮した経営である。

ラム・チャラン氏は、著書「徹底のリーダーシップ」のなかで、難局においてリーダーに絶対必要な6つの資質として、「誠実であり、信頼できる存在であること」、「社員、部下を鼓舞し、勇気付ける存在であること」、「現実と生の情報でつながっていること」、「楽観的な現実主義者であること」、「細部にまで徹底して踏み込んでいくこと」、「未来に打って出る勇気があること」をあげている。

徹底のリーダーシップは、2009年の世界的金融危機の時代に書かれたリーダーシップ論であるが、その理論は、ビジネスリーダーに必要な重要課題であり、現代の経営にも役立つものである。

 

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1500以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレーニングとは、「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していくものです。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

関連外部記事リンク:
徹底のリーダーシップ(ラム・チャラン 著)