徹底のリーダーシップ

ビジネス書としては異例の30万部突破!
書籍『リーダーの仮面』の図説資料
をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!

徹底のリーダーシップ:理論

「徹底のリーダーシップ」とは、会社が危機の際には、「キャッシュ」を確保しながら「徹底した経営」を実行することが重要とする理論。ハーバード・ビジネス・スクール元教授のラム・チャラン氏が提唱した。

徹底のリーダーシップとは、世界中のビジネスリーダーから絶大な支持を受けている経営アドバイザーである、ハーバード・ビジネス・スクール元教授のラム・チャラン氏が、自身の著書「徹底のリーダーシップ」のなかで提唱したリーダーシップ論のこと。

著書が書かれた2009年は、前年の2008年9月に米国で発生したリーマン・ショックにより、金融危機が世界規模で拡大した時期であり、危機の時にビジネスリーダーはどのようにすべきかを説いたものである。

危機の時代において、ビジネスリーダーに最も重要なのは、「キャッシュ」を確保しながら「徹底した経営」を実行することである。「徹底した経営」とは、生の情報を把握し、経営の細部まで徹底して踏み込んでいくリーダーシップを発揮した経営である。

ラム・チャラン氏は、著書「徹底のリーダーシップ」のなかで、難局においてリーダーに絶対必要な6つの資質として、「誠実であり、信頼できる存在であること」、「社員、部下を鼓舞し、勇気付ける存在であること」、「現実と生の情報でつながっていること」、「楽観的な現実主義者であること」、「細部にまで徹底して踏み込んでいくこと」、「未来に打って出る勇気があること」をあげている。

徹底のリーダーシップは、2009年の世界的金融危機の時代に書かれたリーダーシップ論であるが、その理論は、ビジネスリーダーに必要な重要課題であり、現代の経営にも役立つものである。

テーマ:リーダーシップ
理論(コンセプト)名称:徹底のリーダーシップ
提唱者:ラム・チャラン 経営アドバイザー ハーバード・ビジネス・スクール元教授
時期:2009年

[adrotate group=”15″]

関連外部記事リンク:
徹底のリーダーシップ(ラム・チャラン 著)

書籍『数値化の鬼』の要約解説図をプレゼント!
書籍『数値化の鬼』図解要約資料

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』が、なんと発売後 約1か月で12万部を突破しました!

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』の図解解説資料を作成いたしました!

一度書籍をお読みになった方も、まだお手元にない方もどなたでも満足いただける完成度となっています!

眺めるもヨシ、印刷して目の付くところに飾るもヨシ、使い方は自由自在!

是非、こちらからDLしてくださいね!