ESGとは?その意味やSDGsとの違い、具体的事例、関連用語をわかりやすく解説!

経営者

うちもESGを意識した経営が必要なのかな?
本記事では、ESGをわかりやすく解説しています。

専門家

投資について勉強を始めた人の中で、以下のような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。

  • ESGについて詳しく知りたい
  • ESGがなぜ求められているのか知りたい

近年、ESGは世界中で注目されている投資手法です。

この記事では、ESGの概要や種類、事例までを詳しく紹介しています。ESGについての網羅的な知識を身につけることができるため、ぜひご一読ください。

<<あわせて読みたい>>

なぜESG投資が注目されるのか?その目的や本質、将来性をわかりやすく解説!

ESGとは?

 

ESGとは、企業の財務内容や成長性への期待だけでなく、環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)というサスティナブルな要素も考慮した投資のことを指します。

「ESG」は環境問題や社会問題など、地球上のさまざまな問題に関わっており、あらゆる企業や個人にとって重要なテーマです。世界中で注目されている言葉ですが、まだ日本には広く浸透していません。

まずは世界のトレンドであるESGの意味や定義から確認しましょう。

ESGの意味、定義

ESGは以下3つの言葉の頭文字をとった言葉です。

  • Enviroment(環境)
  • Social(社会)
  • Governance(企業統治)

経済産業省では、上記3つの概念に配慮した企業に投資することを「ESG投資」と定義しています。それでは、それぞれの持つ意味合いを見ていきましょう。

参考:ESG投資とは | 経済産業省

E:Environment

ESGの「E」は主に「自然環境」のことを指します。

企業の活動が自然環境にどのような影響を与え、企業活動にどれだけのリスクがあるのかを推定したうえで、最終的な投資判断をすることが目的です。

ESGで評価される自然環境への取り組みは多岐にわたります。

二酸化炭素の排出量削減だけでなく、エネルギーなどの資源を再利用することや、水や大気の汚染対策も、評価される項目のひとつです。

S:Social

ESGの「S」は「社会問題」のことであり、自然環境に関する問題を除いた全てが該当するため、広い分野を示しています。

近年では、特に雇用者の多様性、健康と安全が求められています。

日本においても女性の管理職率の増加などが推進されており、今後も社会問題に取り組む企業の評価は上がっていくでしょう。

G:governance

ESGの「G」は「企業が法律違反をしないために管理体制を整える行動」を指します。

具体的なものとして、以下の3つが挙げられます。

  • リスクに関する基本方針の制定
  • 第三者目線での監視体制の構築
  • 企業の内部統制の強化

企業統治を高めることにより、企業が抱えているリスクを減らし、長期的に企業価値を向上させることができます。逆に、企業統治がなされていないと思わぬリスクが生じたり、不正が発生したりします。

つまり企業統治は、投資家にとってリスクヘッジを意味するのです。

ESGの中でも、governanceを重要視する投資家は全体の8割以上であるため、積極的に企業統治に取り組むことが重要です。

参考:2020 Annual ESG Survey | Russell Investments

<<あわせて読みたい>>

SDGs(持続可能な開発目標)とは?17の目標や事例をわかりやすく解説!

ESGとPRIの関連性

経営者

PRIとの言葉の違いがわからないんだよね…

PRIとは「Principles for Responsible Investment」の略称であり「責任投資原則」という意味で、2006年に第七代国連事務総長であるコフィ・アナンにより提唱されました。

PRIの内容を簡単に説明すると「投資家たちが企業を評価するうえで、長期的な観点を元に、ESGを考慮した投資行動を求めること」になります。

したがって、投資活動をするときには、該当企業がESGを満たしている企業かどうかの判断が、今後より一層投資家には求められることでしょう。

混同しやすい他の用語との違い

似たような言葉があるので気をつけましょう。

専門家

ESGと混同しやすい言葉には以下の3つが挙げられます。

  • SDG
  • CSR
  • SRI

上記3つとも、世界中で注目されている言葉であり、今後重要性がさらに増していきます。

それぞれの言葉の意味やESGとの違いなど、しっかりと認識しておきましょう。

ESGとSDGsとの違い

SDGsとは「Sustainable Development Goals」の略称で、日本語では「持続可能な開発目標」と訳されます。国連に加盟している193か国が2016年から2030年の間に達成するべき目標として、2015年9月に国連サミットで定められました。

ESGは投資をする際の判断基準ですが、SDGsは世界中の国々が2030年までに達成するべき目標として定められています。

参考:SDGsとは?|外務省

ESGとCSRとの違い

CSRは「Corporate Social Responsibility」の略称で、「企業は収益を求めるだけでなく、ボランティアなどを通して社会貢献にも取り組むべき」という考え方です。

CSRを促進することにより、社会が抱える問題を解決し、顧客からの信頼を得られます。

一方で、ESGは「社会的な責務を全うしている企業に投資すること」であり、投資家目線の言葉です。一方で、CSRは「社会的な責務を全うするための活動を経営に取り込むこと」であり、企業目線の言葉になります。

SRIとの違い

SRIは「Socially Responsible Investment」の略称であり「社会的責任投資」を意味します。

1920年代に米国で、キリスト教の価値観に基づき、武器やギャンブル、タバコなどに関わる企業に対して投資をしないという考えから、SRIは広まりました。

ESGとSRIは「投資するうえで考慮すべきこと」が時代とともに変化したものであり、同じような意味として使われています。

ESG投資とは

経営者

ESG投資って何だ?

ESG投資とは、ESGを元に、「社会的な課題に対して貢献している企業に投資」をすることです。

従来は財政情報を元にして投資をすることが基本でしたが、環境問題や社会問題の早期解決が求められることで、世界中でESG投資が注目されています。

ESGの投資の要素は7つ

ESG投資の要素として、以下の7つが挙げられます。

  • ネガティブ・スクリー二ング
  • 国際規範スクリー二ング
  • ポジティブ・スクリー二ング/ベスト・イン・クラス
  • サステナビリティ・テーマ投資
  • インパクト・コミュニティ投資
  • ESGインテグレーション
  • エンゲージメント/議決権行使

ESG投資についての知識を広げるためには、それぞれの種類について知ることが重要です。

ひとつずつ解説します。

ネガティブ・スクリー二ング

ネガティブ・スクリーニングとは、投資先を選定する際に、ESGに当てはまらない企業をあらかじめ排除することです。

主に、タバコやギャンブルなどの「罪ある株」と呼ばれる銘柄や、武器製造企業などが該当します。

国際規範スクリー二ング

国際規範スクリーニングとは、人権侵害や環境破壊などの国際規範と照らし合わせて、最低限の基準に到達していない企業を投資の対象から除外する手法です。

参考とする国際規範は、機関投資家が判断するためさまざまです。「国連グローバル・コンパクト」や「国際労働機関が定める労働に関する条約」が主な国際規範として参考に挙げられます。

参考:国連グローバル・コンパクト | Global Compact Network Japan

ポジティブ・スクリー二ング/ベスト・イン・クラス

ポジティブ・スクリーニングとは、ネガティブ・スクリーニングとは対照的に、ESGを元にして、評価が高い企業に投資する方法です。

指数算出会社が発表している「EGS格付け」を元に投資家たちが投資先を策定します。

サステナビリティ・テーマ投資

サステナビリティ・テーマ投資はESGの中でも「持続可能性」に重きをおいた投資手法です。再生可能なエネルギーなどの事業を行っている関連企業に投資することを指します。

また、国や自治体が環境保全を目的とした活動の資金調達のために「グリーンボンド」という債券を発行することもサステナビリティ・テーマ投資のひとつです。

インパクト・コミュニティ投資

インパクト・コミュニティ投資は、世の中に対する経済的な影響だけでなく、社会や環境にもポジティブな影響を与えているのかを重視して投資をする手法です。

企業がESGに配慮した取り組みによって、どれだけの好影響を与えたのか、数値で評価することが特徴です。

ESGインテグレーション

ESGインテグレーションは、投資先企業について評価する過程で、ESGに関する取り組みも含めて総合的に判断していく手法です。

したがって「非財務情報」までを考慮しますが、当然収益も勘案します。

エンゲージメント/議決権行使

エンゲージメント/議決権行使は、投資家が投資先の企業と、目的を持って対話を行う手法です。

主に、経営層との面談や会議で意見表明することが例として挙げられます。

対話を通して、ESG問題への取り組みを企業に直接促すことが目的です。

投資の観点も変わってきたということですね。

専門家

<<あわせて読みたい>>

SDGsウォッシュとは?意味のない「SDGs」は止め、参考事例からできることを学ぼう

ESGランキング企業の具体的な取り組み

東洋経済は、独自の調査票で収集したCSRデータベースを元にして、「東洋経済CSR評価」を作成しています。

この記事では、ランキング上位5つの企業について紹介します。

  1. 損保ジャパン日本興亜
  2. 丸井グループ
  3. オムロン
  4. KDDI
  5. NTTドコモ

事例から具体的な取り組みについて知り、ESGについてより明確な知識を身につけましょう。

【参考:ESG企業ランキング|東洋経済

1.損保ジャパン日本興亜

損保ジャパン日本興亜は、1992年に「地球環境室」を設置し、ビックデータとAIを活用することで、自然災害の予測と被害の防止に取り組んでいます。

また、社会問題にも積極的に取り組んでおり、社会福祉分野で、NPOやNGOへ援助も行っています。

この他、女性管理職の人数を向上させるための活動もしており、2020年4月の時点で、女性管理職の比率が24.3%にまで上昇しました。

環境と社会、企業統治の全ての面で、高い評価を獲得し続けている企業です。

2.丸井グループ

丸井グループは2016年にESG推進部署を作り、積極的に活動を行っています。

環境問題に関しては、エネルギー使用量やコストの削減を目指し、リサイクル率の向上にも取り組んでいる企業です。

また、社会問題及び企業統治に対しても対策をしており、育児休職取得率や女性管理職比率の向上に関してのデータ開示を実施しています。

3.オムロン

大手電気機器メーカーのオムロンは、環境問題への対策として「水銀の削減」や「温室効果ガスの削減」を積極的に行っています。

「グローバル人材の確保」や「障害者雇用」にも取り組んでおり、社会問題にも高い水準で取り組んでいる企業だといえるでしょう。

また、オムロンは2017年度から、エネルギーソリューション事業や環境に対しての取り組みに関するIRを実施しており、投資家たちから高い評価を獲得しています。

4.KDDI

KDDIは大手電気通信事業者として広く知られており、情報通信技術を活かした対策で評価されている企業です。

環境の分野では、情報通信技術を元に人の移動を削減する施策を実施したり、業務効率化に積極的に取り組んでいます。

2020年4月には「LINK FOREST」という研修のための複合施設を設立しており、法人に対して、教育プログラムなどの人材育成サービスの提供をしています。

5.NTTドコモ

NTTドコモは移動体通信事業者の最大手であり、スマートフォンなどの端末や通信を扱っている企業です。

環境分野においては、製品や開発品に対して、独自の環境ガイドラインを選定して、対策しています。

また、社会分野では事業の特徴を活用して、災害対策3原則を作成し、システムの信頼性向上や通信サービスの早期復旧などを目指しています。

コンプライアンス相談窓口を設置するなどの施策も行っており、社内統治も積極的に行っている企業です。

<<あわせて読みたい>>

サスティナビリティの意味や定義、企業の取り組み事例をわかりやすく解説!

ESGがつくビジネス用語

ESGには以下のようなビジネス用語があります。

  • ESG経営とは
  • ESGリースとは
  • ESG投資信託とは
  • ESG債とは
  • ESG企業とは
ESGについてしっかりと理解するためには、関連用語についても把握することが大事です。

専門家

それぞれの用語について、詳しく解説します。

ESG経営とは

ESG経営とは、言葉の通り「ESGを考慮して経営を行うこと」です。環境や社会問題に考慮して経営をすることにより、社内での問題改善につなげ、中長期的に利益を拡大できると考えられています。

ESGに配慮することが世界中で求められており、投資の指標としても用いられるため、今後の企業にとってESGは欠かせない要素です。

ESGリースとは

ESGリースは、中小企業などが脱炭素機器を導入した際に、リース契約期間の総リース料から1~4%に当たる補助金を指定リース事業者に付与するものです。

補助金は指定リース事業者に対して付与されます。リース契約時には、補助金全額をリース料の低減に充てる等の特約を交わすことが条件です。

ESG投資信託とは

投資信託は、投資家の代わりに資産運用に関するプロが、投資家から集めたお金で投資と運用をする金融商品です。

投資のプロであるファンドマネージャーが運用を行ってくれるうえに、少額で始められるというメリットがあります。

個人投資家が企業をESGの視点から細部までリサーチするには、プロの目線が必要になるため、ESG投資信託を利用することがおすすめです。

ESG債とは

ESG債は、グリーンボンドなどの「環境や社会問題、社内統治に関する債券」です。

環境事業や社会貢献事業の需要が高まることで、資金使徒を絞るESG債の発行が急増しています。

ESG債は債券市場全体の1%であり、世界の累計で1兆ドル規模にまで伸びている債券です。

特に、社会分野であるソーシャルボンドが注目を集めており、日本でもコロナウイルスへの貢献を目的に、ソーシャルボンドを発行する企業が増えています。

ESG企業とは

ESG企業とは、ESGに対して誠実に取り組み、成果を出している企業を指す言葉です。

日本においては、東洋経済がCSRデータベースを元にランキングを作成しています。

ESG企業として評価されることで、顧客からの信頼を勝ち取り、資金調達がしやすくなります。

企業として、利益の追求だけでなく、環境問題や社会問題など、世の中をより良いものにするための活動が求められています。

まとめ ESGとは?

環境や社会問題、社内統治のことを指し、ESGを判断基準とした投資を「ESG投資」と呼びます。

これからの企業は、利益の追求だけでなく、世の中の問題にどれだけ真摯に取り組んでいるのか評価されるのです。

ESGを推進することで、感度の高い投資家からの評価を獲得できるため、ESGに取り組めていない企業は、早急に取り組むことをおすすめします。

<<あわせて読みたい>>

ステークホルダーとは?その意味や実際の企業事例をわかりやすく解説!