【無料】マンガで学ぶマネジメント公開中!

【診断結果】率先垂範タイプ

お疲れ様でした
あなたのマネジメントスタイルは率先垂範タイプ
「背中を見せる」ことで部下を成長に導くスタイルと言えます。

率先垂範タイプの特徴

  • 特徴①:自分の知識や経験に自信を持っている!
  • 特徴②:目標達成意識や責任感が強い!
  • 特徴③:場合によっては部下を迷わせてしまう可能性あり!

率先垂範タイプのあなたは、ひょっとしてこんな経営者?

”背中を見せて育てる”万能経営者

創業社長(オーナー経営者)
男性/42歳

一流大学を卒業し外資系コンサルファームに就職。


大手~中小まで多くの企業の経営コンサルティングを経験したのち、35歳で自身のコンサルファームを立ち上げる。


営業・マーケ・財務・人事など、広い分野において知識と経験を備えており、自分に大きな自信を持っている。

自分の仕事のやり方を部下に見せることで、部下を育てるタイプ。

率先垂範タイプがやりがちな、マネジメント上のミスは…?

率先垂範タイプにありがちなのは、部下を迷わせてしまうというパターン。

「私の背中を見てついてきてください!」というマネジメントは、慕われやすい一方で、部下の役割や責任範囲を曖昧にしてしまうリスクがあります。

その結果、部下は行動に迷いが生じ、本来の力を発揮できなくなってしまいます。

さらに、部下は「自分に何が足りないのか」を認識しづらいため、成長速度が遅くなる可能性も高いとも言えます。

部下を迷わせずに成長させるには…?

では、このタイプのリーダーは、どのようなマネジメントを心がければ良いでしょうか?

もし、あなたが社員や部下の目標を設定する立場にあれば、目標設定を見直すという方法があります!

社員の「役割」と「目標」を明確にし直し、組織を強化した事例

 「何をもって評価されるのか」を明確に示すようにしたら、営業利益目標の2倍を達成できたストーリー

「何をもって評価されるのか」を明確にするだけで、組織の動きが大きく変わる|株式会社SAL 代表取締役 魚住 琢 氏

また、ポイントを押さえて目標設定を体系的に理解したい!という方には、こちらのホワイトペーパーがオススメです!

ホワイトペーパー「伸びる会社に共通する部下管理法とは?」

「細かく具体的な指示を出しているに、なかなか部下ができるようにならない。。。」そんな部下育成に関するお悩みをお持ちの経営者、マネージャーの方は多いのではないでしょうか。今回は、部下を育成できる上司と部下をできない上司の決定的な違いについて解説いたします。

マネジメントTips「部下育成編」ダウンロード


その他、率先垂範タイプの方にオススメのお役立ち資料はコチラ!

「誰よりも部下の気持ちがわかるはずなのに、チームの成績が伸び悩む、、、」そんなお悩みを抱えている部下思いのマネージャーの方は多いのではないでしょうか。今回は、部下を成長させることができる上司とできない上司の違いについて解説いたしました。

このホワイトペーパーを読む

率先垂範タイプの方にオススメの記事

そもそも”リーダー”とは、どんな役割何なのか整理したい方へ