【無料】マンガで学ぶマネジメント公開中!

【診断結果】コーチングタイプ

お疲れ様でした
あなたのマネジメントスタイルはコーチングタイプ
メンバーとの1対1の関係を重視し、成長に導くスタイルと言えます。

コーチングタイプの特徴

  • 特徴①:人と深く向き合い話すことが好き!
  • 特徴②:メンバー成長させたい思いから1on1を頻繁に実施している!
  • 特徴③:見渡せる範囲に限界があり、長続きしない可能性あり!

コーチングタイプのあなたは、ひょっとしてこんな経営者?

社員思いの優しい経営者

創業社長(オーナー経営者)
女性/30歳

大学を卒業後、大手人材紹介会社で営業に従事。


営業成績で表彰を受けるなどの実績を残し、28歳でキャリアカウンセリングの会社を設立。

社員との1対1の関係を重視しており、全社員と1on1を実施することで、個人に合わせたキャリア開発を実現したいと思っている。

コーチングタイプがやりがちな、マネジメント上のミスは…?

コーチングタイプにありがちなのは、社長業に割く時間が減り、長期的に会社の成長が鈍化するというパターン。

普段から、社員一人ひとりに丁寧に時間を割いているため、本来自分がすべき仕事(長期スパンでの戦略策定など)ができなくなっている可能性があります。

さらに、社員数が増えると、社員一人ひとりに向き合うということさえ難しくなる局面がきます。そのように、社長が見渡せる範囲が限界を迎えた時、社員のパフォーマンス・モチベーションが大きく低下するリスクがあります。

組織のパフォーマンスを維持したまま、マネジメントコストを減らすには?

では、このタイプのリーダーは、どのようなマネジメントを心がければ良いでしょうか?

もし、社員やチームのメンバーが増加していれば、「階層を作る」ことでマネジメントコストを下げるという方法があります!

「階層」構造を明確化し、中間層を育てることでマネジメントを楽にした事例

 「人に向き合う」マネジメントから、「仕組みで動かす」マネジメントに大転換を図ったストーリー

仕組みが変われば、組織は一気に回りだす。株式会社グッドスピードが識学を導入したワケ

また、幹部や管理職の育成方法を体系的に理解したい!という方には、こちらのホワイトペーパーがオススメです!

ホワイトペーパー「会社の成長速度を高めるNo.2の育て方」

歴史上、優れたリーダーには、優れたNo2が付き物。
義経と弁慶、豊臣秀吉と石田三成、そして、本田宗一郎と藤沢武夫。
とはいえ、そんな優れた人物とは縁がない…

ご安心ください。もともと「優秀な人材」でなくとも、再現性高く「優秀な幹部」を育成するそれがこの資料のテーマです。

マネジメントTips「幹部育成編」ダウンロード


その他、コーチングタイプの方にオススメのお役立ちコンテンツはコチラ!

「部下や管掌部署が多く、報告会議だけで時間を使ってしまう…」
「報告をしてこない部下の仕事が心配で細かい管理をしてしまう …」

こんな経験はありませんか?ひょっとすると、その原因は「報連相」にあるかもしれません。

このホワイトペーパーを読む

コーチングタイプの方にオススメの記事

メンバーの「多様性」はどう考えるべき?