【エリートはやっている】リモートワークで成果を出すために必要な能力!成果を出すための仕事術とは?

新型コロナウィルスの影響でリモートワークがかなり増えましたが、まだ慣れないという方もいるかもしれません。

リモートワークで成果を出すためには、どのような仕事のやり方をすればよいのでしょうか。

今回は、「リモートワークで成果を出すために必要な能力は?」というアンケート調査を行いました。アンケート結果をふまえて、成果を出すことができる仕事のやり方について解説するとともに、リモートワークで意識したいデキる人のコミュニケーション法についてもご紹介していきます。

<<あわせて読みたい>>

経営者のリモートワークの悩みは「コミュニケーション」と「評価制度」識学が経営者の課題調査結果を公表
ビジネス書としては異例の30万部突破!
書籍『リーダーの仮面』の図説資料
をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!

リモートワークで成果を出すために必要な能力は?

今回は、リモートワークの経験がある方100人に対し、「リモートワークで成果を出すために必要な能力といえば?」というアンケート調査を行いました。すると、実に69パーセントもの人が「自己管理能力」と回答し、堂々1位にランクインしています。

自宅だと、業務時間と休憩時間の区別がつきにくくなるというのが一番の理由です。上司や周りの目がない分、サボろうと思えばいくらでもサボれてしまいます。そのため、メリハリをつけてしっかり自己管理をすることが大切だと感じている人が多いのです。

次にランクインしたのは、18パーセントの人が回答した「コミュニケーション能力」です。なぜなら、リモートワークでは、メールやチャット、電話での会話、画面を通してのテレビ会議がほとんどなので、直接会って話すときとは違い、微妙なニュアンスなどが伝わらないからです。

そのため、コミュニケーション能力が必要だと感じている人が多いということがわかります。

他に、少数派の回答として「自己完結力」という回答が7パーセントで「説明力」「質問力」がそれぞれ3パーセントという結果になりました。

<<あわせて読みたい>>

失礼ながら、そんなリモートワークでは成果は出ません。

リモートワーク成果を出すことができる仕事のやり方

リモートワークでも成果を出すには、どのようなやり方で仕事をこなせばよいのでしょうか。まず、リモートワークの最大のマイナスポイントは、仕事相手の様子がまったくわからないことです。

上司から仕事の指示を受けるにあたっても、普段なら周りの雰囲気や様子で察しがつくこともたくさんあるのですが、リモートワークだとそれがわかりません。

そのため、仕事の目的は何なのか、どのような完成系を思い描いているのか、いつまでに仕上げなくてはいけないのか、初めに上司と認識を揃えておくことが大切になってきます。

そして、いったんざっくりとした枠組みが出来上がった段階で、指示された仕事のイメージと合っているかどうか、再度上司と共有してすり合わせをしておくと安心です。

また、メールやチャットでスムーズに業務のやり取りをできるかどうかも重要になってきます。メールやチャットでもスムーズにやり取りをするコツは、まず結論を先に伝えることです。

報告なのか、相談なのか、承認が必要なのか、相手が読んだ後にどんなアクションをすればよいのかが、最初にわかるようにしておくとスムーズにやり取りできるでしょう。

<<あわせて読みたい>>

「こうしてくれたらいいのに!」「なぜこうしてくれない?」の“モヤモヤ”は、部下より上司がより感じている!

リモートワークで成果が出る!デキる人のコミュニケーション法

アンケート結果でも、18パーセントの人が「コミュニケーション能力」と回答しているように、リモートワークでは上手にコミュニケーションが取れるかどうかで、仕事の効率がずいぶん違ってきます。

顔が見えない相手とのコミュニケーションは、想像以上に難しいものです。そもそも、メールやチャットの場合は相手が読んでくれていないと何も伝わらず、コミュニケーション自体が始まりませんよね

そのため、リモートワークでは早い返信で相手から信頼を得ることがスムーズに業務を行うコツです。

例えば「承知しました。内容を確認し、明日改めてご連絡いたします。」といった短いメッセージでよいので、まずは相手に対してすぐに返信をすることです。

ボールがこちら側にあり、いつどんなアクションをする予定なのかを伝えておくと、相手は安心します。

もし確認に1週間かかるのであれば、相手はそれも早く知っておきたいし、状況に応じて対応の仕方も変わってくるはずです。

リモートワークでは、伝わりにくいことが多く、わからないことで不安にもなりやすいので、お互い仕事がやりやすくなるよう、わかりやすく丁寧なコミュニケーションを意識することをおすすめします。

まとめ:リモートワークで成果を出すには環境も大切

今回は「リモートワークで成果を出すために必要な能力は?」というアンケート調査を行い、その結果をふまえ、リモートワークでも成果を出すことができる仕事のやり方についてご紹介しました。

リモートワークで成果を出すために必要な能力として、最も回答の多かった「自己管理能力」は、自宅で仕事をするための環境によっても左右されます。

仕事をするためのデスク周りには、毎日仕事で使うものだけをスッキリと置き、必要な書類などはデスクの近くに収納しておきましょう。プライベートのものと仕事用のものは分けて収納するのが基本です。

自宅に、仕事がはかどる空間を作り出すことで、リモートワークもずっと取り組みやすくなるでしょう。

<<あわせて読みたい>>

リモートワーク時代の「見た目」の逆転現象

[adrotate group=”15″]

[adrotate banner=”36″]

書籍『数値化の鬼』の要約解説図をプレゼント!
書籍『数値化の鬼』図解要約資料

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』が、なんと発売後 約1か月で12万部を突破しました!

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』の図解解説資料を作成いたしました!

一度書籍をお読みになった方も、まだお手元にない方もどなたでも満足いただける完成度となっています!

眺めるもヨシ、印刷して目の付くところに飾るもヨシ、使い方は自由自在!

是非、こちらからDLしてくださいね!