2017/12/18

マッキンゼーの7S

テーマ:組織マネジメント
理論(コンセプト)名称:マッキンゼーの7S
提唱者:マッキンゼー・アンド・カンパニー

理論の紹介:
マッキンゼーの7Sとは、世界有数の戦略コンサルティングファームであるマッキンゼー・アンド・カンパニーが提唱した企業戦略における、幾つかの要素の相互関係をあらわしたもの。

7Sは、ソフトの4Sとハードの3Sに分かれる。ソフトの4Sは、Shared value (共通の価値観・理念)、Style(経営スタイル・社風)、Staff(人材)、Skill(スキル・能力)で、価値観が絡む要素であるだけに慣性が働き、強制的にまたは短時間に変更することは難しいとされる部分である。ハードの3Sは、Strategy(戦略)、Structure(組織構造)、System(システム・制度)で、変えようとする意思やプランがあれば、変更することが可能である。

手をつけやすいという理由から、ハードの3Sを設計し、運用すれば成功し易いと捉えられがちであるが(企業変革を行う場合にもハードのみに手が入れられる場合が多い)、経営において重要度が高いのは、ハードとソフトが統合され、かつバランスがとれていることである。

優れた企業では、それぞれの要素が補いあい、強めあって戦略が実行されているとされる。