「リスクゼロ」を目指す人が失敗する理由

いまの日本には「リスクをゼロにする」信仰がはびこっています。

最近だと「感染者数がゼロじゃないとダメだ」という風潮。これ、はたして妥当なのでしょうか?

生きるうえでも、ビジネスの世界でも、リスクはつきものです。リスクとの付き合い方が、人生や企業の勝敗を分けるといっても過言ではないでしょう。

私は感染症対策の専門家ではありませんが、経営者として「会社のリスク」を厳しく管理する立場にいます。

今回は、そんな私なりの「リスク」についての考え方をまとめました。

「今」に視点を置いてしまう人間

まず、はっきりいって「リスクをゼロにしなければならない」というのは、人間の「錯覚」のひとつです。

あたりまえですが、社会ではつねに時間が流れています。しかし人間は、意識しないとつい「今」だけに視点をおいてしまうのです。

すると、どういうことが起こるでしょうか?

この世に存在するのは「今の利益を失うリスク」だけではありません。「未来の利益を失うリスク」も同時に存在しています。

「今」しか見えていない人は、それが理解できないのです。

ある程度ウイルスを抑え込んでも、「感染者ゼロ」にこだわって制限をし続ける。それが長引けば長引くほど、今後5〜10年の経済の回復は遅れていくでしょう。

それによって発生する失業者や、成長機会の損失は「未来のリスク」です。

「未来のリスク」が「今のリスク」よりも重要でない気がしてしまうのは、錯覚です。未来は、いずれ「今」になる。時間は地続きで流れているのです。

だから「今のリスク」と同じように「未来のリスク」を捉えたうえで、判断しなければいけません。

時間の流れを正しくよめた人が、リスクを制するのです。

今の利益を優先する人は、未来で損をする

すべてにおいて「時間の流れ」を正しく理解することは重要です。

さらに「今」の利益を優先すると、「未来」の利益は反転することが多いのです。

「今」ダイエット中の人が目の前のケーキを食べたら、「未来」では太ってしまいます。

「今」勉強をがんばりたくない、しんどい、遊びたい。そういう人は「未来」では受験に失敗します。

「今」この瞬間の部下にとって、厳しい上司はイヤな存在でしょう。しかしそこから逃げてしまえば「未来」ではいつまでも成長できません

「今」この瞬間、部下の仕事を奪って自分でやると早く終わります。しかし「未来」においては部下は成長せず、自らの評価も上がりません。

「今」採用で優秀な人を採れば、多少コストがかかるかもしれません。しかし、そのリスクを恐れて採用を見送れば、その人が入社して得られるかもしれなかった「未来の利益」を失うことになります

もうおわかりでしょう。

多くの人は「今この瞬間の欲求」を優先します。だからこそ「今」ではなく「未来」に視点を置ける人が勝つようになっているのです。

モチベーションを重視しすぎる会社は負ける

私が「識学」を始めたばかりのころは「モチベーション」という言葉が流行っていました。

しかし、モチベーションというのは「今」この瞬間の感情ですそこにフォーカスしすぎて「未来」の利益をないがしろにしては、会社はどんどん弱くなっていきます。

世の中のHR系のサービスを見ていると、ほとんどは今この瞬間の「切り取り」の効果しかありません。

サービスを売る側は「たのしい、モチベーションが上がる」みたいな「短期的な成果」があればいいわけです。それでクライアントが喜べば、導入も増えますから。

でも長期的にみると、どんどん会社が弱くなる可能性があります。指揮系統が崩れ、未来の業績が落ちるリスクがある。

そこに気づかなければいけないのです。

「今」を優先したくなるのは、動物の本能

「今」を優先する気持ちに打ち勝つには、どうすればいいか?

端的にいえば「時間は流れてるんだ」と、その都度、意識するしかありません。

人がつい「今」を優先してしまうのは、動物的な「本能」に近いからです。

文明が発展する前は、いつ敵に襲われたり、餓えたりして死ぬかわかりませんでした。「今」の欲求を優先するのが、原始的な世界での生きる術だったわけです。

しかし現代の日本において「今」を優先して生きていては、犬や猫などの動物と一緒です。人間的な社会において「本能」は、理性でコントロールしなければいけません。

社会的・人間的システムであるビジネスの世界では、何十年、何百年のスパンで「未来」を見通せた人が勝ちます。だから、アマゾンみたいな会社が成功しているわけです。

「今」この瞬間の楽しさや不安に惑わされそうになったら、ぜひ一度立ち止まって、考えてみてもらえるとうれしいです。

 ̄ ̄ ̄

引用元:安藤広大/株式会社識学 代表取締役社長note「「リスクゼロ」を目指す人が失敗する理由」