燃えよ剣!!新選組、土方歳三に学ぶ最強の組織の作り方

幕末に突如として現れた治安部隊『新選組』。

彼らは、幼い頃から訓練を受けてきたエリート兵団ではありません。なかでも中枢を担った近藤勇、土方歳三、沖田総司等は現在の日野市で育った田舎侍(正確には武士ではない)でした。

彼らがどのように幕末の主役の一端を担う組織となったのか、識学目線で解説いたします。

鉄の掟、『局中法度』~強い組織で有るためのルール~

筆者の好きな歴史上の人物は、織田信長、土方歳三です。高校生の頃、祖父から司馬遼太郎氏の書籍を借り、何度も読み返していました。

特に好きだったのが、「燃えよ剣」と「新選組血風録」。両作の舞台は幕末、物語の主役は新選組です。その新選組の代表的な人物といえば、土方歳三を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

新選組は幕末に突如として登場し、京の治安維持のために反幕府派の志士を取締っていたのですが、なぜそれほどに強かったのでしょうか?

新選組の母体は「壬生浪士組」だとされており、出自を見ると脱藩浪人、または農民や商人に出自を持つ人物が多くいたようです。土方歳三も、由緒正しい武士の家系ではなく、薬師を営んでいたと言われています。

このように、新選組の構成員はもともと浪人や農民だった人物が多いとは言え、なかには強い人もいたかもしれません。しかし、商人や脱藩した浪人に、最大でおよそ230人もいた組織の統率が取れるかと考えると、疑問が残ります。

そこで、血の気の多い侍たちに規律を守らせるため、新選組の創設時に局長の近藤勇と芹沢鴨が考案し、土方歳三が徹底した鉄の掟が『局中法度(禁令)』です。中身の詳細は割愛しますが、土方歳三はこの局中法度を徹底しました。

隊員だけでなく、山南敬助や伊東甲子太郎といった組幹部までも、隊律違反を理由に切腹、暗殺されています。このような徹底的なルールを設けることで、隊員の意識は、

  • 『規則を守らないとやばい』
  • 『従うしかない』

というように変化していきました。

土方歳三は、この局中法度を徹底することにより、組織をコントロールし、トップの意思通りに動ける『意思決定から組織が動くまでにロスタイムが少ない組織』を構築していったのです。

とにかく『突き』!!~勝つためのロジックが明確~

統率が取れた組織になると、次に必要なものは勝つための作戦です。

作戦とはいえ相手がどこに隠れているかは不明です。戦国時代の戦のように、武将が現場を率いて指示を逐一出しながら戦うということは、現実的に出来ません。

そこで土方歳三をはじめ、天然理心流メンバーによって考案された戦術が『突き』だとされています・(※実際に土方歳三が考案したかどうか真偽は不明ですが、『突き』が多用されたのは事実のようです。)

繰り返しになりますが、隊員たちの出自は様々であるため、剣の流派も異なります。このような状況で敵に勝つために徹底された作戦が、とにかく『突き』だったのです。

なぜ『突き』だったのでしょうか?

理由は当時の建物が関係しています。復元された池田屋等でも確認できますが、当時の建物は天井が低いことが特徴です。そして反幕府派の武士との戦いは、その建物の中で行われます。

このとき土方歳三は、天井が低い屋内で戦えば、天井に刀が引っかかってしまい刀が振れないことに気付きました。そして、『現場には行けない。しかし、突きを徹底すれば、勝つ確率が上がる』と、考えたのです。

上記で解説した局中法度の徹底により、隊員は指示に従います。そのなかで『突きを徹底する』と指示が出るため、隊員は必死に『突き』を修得し、実践します。この繰り返しにより、新選組は個人の才能に依存するのではなく、組織全体として戦力を向上させていきました。

【AD】

リーダーは常に一人!共同経営の危険性

組織が大きくなり、成長してきた際に気をつけておくべきポイントがあります。

それは、人員が増えることで組織内に派閥が形成され、内輪揉めが発生することです。今回のテーマからは逸れてしまいますが、筆者は識学社以外に国内最大手の人材系会社や、ベンチャーコンサルにも所属してきましたが、規模の大小問わず、一定の人数が集まるとほぼ確実に派閥が生まれます。

この派閥が争い始めると、組織の成長を阻害し、組織の競争力を著しく低下させるため、このような状況に陥らないような環境や仕組みの構築が必須です。

さて、話を土方歳三と新選組に戻しましょう。

土方歳三が『鬼の副長』と恐れられた所以は、局中法度を徹底したことと、違反者には大きな罰を与えたことにあります。大きな罰とは切腹、または暗殺という手段でした。

暗殺のエピソードはいくつかあるのですが、筆者の印象に強く残っているのは『局長芹沢鴨の暗殺』です。「所長」というと近藤勇をイメージするかもしれませんが、新選組初期は芹沢鴨と近藤勇の2枚看板だったのです。しかし、これが大きな問題となってしまいます。

土方歳三と近藤勇は「局中法度を徹底したい」と考え、芹沢鴨は「そこまで厳しくしたくない」と考えました。この結果、組織が二分してしまったのです。

最高権力者が二人いて、双方の方針が異なれば、組織が混乱しないはずがありません。これは、現代の組織においても同様です。組織の成長を最大化させるのであれば、責任者は常に一人、トップは一人で在るべきなのです。

トップが二人いる時点で必ず派閥が生まれ、組織の成長速度は鈍化する一方となります。この時期、新選組も混乱を極め、狼藉に近いような事件も起きてしまう状態でした。その結果、局長芹沢鴨は土方歳三、近藤勇両名の主導で暗殺されてしまったのです。

当然ですが、現代の組織では暗殺はできません。

ただ、歴史を鑑みれば、

  • 新選組上杉家(景虎、景勝の跡目問題)
  • 南北朝時代(応仁の乱まで)

といった事例に学べることは「責任の範囲がはっきりせず、トップが複数居て、同等に近い権力を持ち合うことはデメリットしかない」ということです。

これからスタートアップを考えている、もしくは事業承継を考えている方々は、必ずこの点に注意しましょう。

強い組織の共通点~スポーツ強豪校も一緒~

今回は土方歳三を中心に据え、新選組という組織を識学の観点から解説しました。

総括するならば『なるべくして、強い組織になった』という結論になるでしょう。強い組織には必ず共通項があり、なかでも今回は下記のようなポイントを解説できました。

  • ルール遵守
  • 結果が明確
  • 責任が明確

これらは、スポーツの強豪にも同じ事が言えます。例えば、甲子園の常連校を想像して下さい。もちろんスター選手もいますが、メンバー全員がスター選手というわけではありません。また年によっては『今年は地味だな』というタイミングもあるはずです。

しかし、強豪校はいつも強い。なぜでしょうか?

強豪校が強豪校たりえるわけ

もちろんやる気に満ちた選手が多いことも理由の1つですが、最も大きな理由は『育つ環境』が既に作られているからです。言い換えると『育たざるを得ない環境』が既に備わっている、と言えます。

人のセンスだけでチーム力(組織力)を上げるのであれば、毎年毎年が博打のような組織作りになってしまいます。もしそれが事実ならば、甲子園の常連組は固定化されることはないはずです。

土方歳三が作り上げた新選組も、スポーツの強豪校も、現代の成長企業(組織)にも、共通して『強い組織の条件』というものがあります。今回はそのさわりの部分を解説させて頂きました。

ご興味が有る方は、一度、㈱識学までお問い合わせください。