大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

【診断結果】識学タイプ

お疲れ様でした!
あなたのマネジメントスタイルは識学タイプ
成果にコミットする、リーダーとして理想的なスタイルですね。

識学タイプの特徴

  • 特徴①:部下に指示をするときは、必ず期限を設定する!
  • 特徴②:私生活と仕事の人間関係はキッチリ分ける!
  • 特徴③:「事実をください」が口癖!

識学タイプのあなたは、ひょっとしてこんな経営者?

ビジネスエリートな若手経営者

創業社長(オーナー経営者)
男性/38歳

大学卒業後、社内起業が盛んな大手企業に入社し、2年で起業。
訪問介護、訪問看護事業、障がい福祉サービス事業を展開し、県内で順調に事業を拡大し続けている。
M&Aにも積極的。

一般的に離職率が高いといわれる福祉業界において、圧倒的な離職率の低さを実現している。


幹部を含め、部下とは適切な距離を取る方が良いという考えを持っており、ルールと数値をはじめとして事実のみに基づくマネジメントを実践している。

識学タイプがやりがちな、マネジメント上のミスは…?

識学タイプにありがちなのは、「上司の言うことは絶対だ!」と勘違いしてしまうパターン。

識学では、基本的には部下は上司の指示に従う必要があると考えていますが、それはいつどんな時もという訳ではありません。

部下が、自分に与えられた責任を果たす上で、何か不都合な事実や懸念があれば、それは、しっかりと上司に伝える必要があります。

「上司と部下」という関係を人間としての上下関係でとらえるのではなく、単に役割が違うだけと捉えることで、勘違いせずに良いマネジメントができるでしょう!

上司にありがちな勘違いを避け、真に結果の出るマネジメントをするには?

では、このタイプのリーダーは、どのようなマネジメントを心がければ良いでしょうか?

もし、あなたが経営者や管理職なら、識学式の部下育成法を実践するという方法があります!

識学的な部下育成法で創業期以上の成長スピードを実現した事例

また、ポイントを押さえて部下管理法を体系的に理解したい!という方には、こちらのホワイトペーパーがオススメです!

ホワイトペーパー「伸びる会社に共通する部下管理法とは?」

 「細かく具体的な指示を出しているに、なかなか部下ができるようにならない。。。」そんな部下育成に関するお悩みをお持ちの経営者、マネージャーの方は多いのではないでしょうか。今回は、部下を育成できる上司と部下をできない上司の決定的な違いについて解説いたします。

マネジメントTips「部下育成編」ダウンロード


その他、識学タイプの方にオススメのお役立ち資料はコチラ!

よくある理想のリーダー像で上がるのは「カリスマ性」という言葉です。すなわち、言葉と熱意で人を動かし、皆から尊敬されるような学級委員タイプです。

しかし、本来、リーダーにこのような資質は不要です。むしろ、成果に関係なくこのようなリーダーが選ばれてしまうことには弊害もあるといっても過言ではありません。

今回の資料では、たとえ内向的でも、声が大きくなくても優秀なリーダーになれるために「これだけ意識すれば問題ない」という3つのポイントを解説しています。

このホワイトペーパーを読む

識学タイプの方にオススメの記事

識学的なマネジメントをすると何が起きるのか知りたい方へ