【無料】マンガで学ぶマネジメント公開中!

【診断結果】関係重視タイプ

お疲れ様でした
あなたのマネジメントスタイルは関係重視タイプ
チームの「和」を大事にし、働きやすい環境を作るスタイルと言えます。

関係重視タイプの特徴

  • 特徴①:役職に関係なく対等に接するように心がけている!
  • 特徴②:人間関係のトラブルはリーダー自ら積極的に解決しようとする!
  • 特徴③:チームの「当たり前の基準」が下がる可能性あり!

関係重視タイプのあなたは、ひょっとしてこんな経営者?

仲間思いのカリスマ経営者

創業社長(オーナー経営者)
男性/29歳

大学在学中にWEB広告の代理店を起業し、役員の大半は大学時代からの友人で構成されている。


そもそもメンバーのことを「部下」と思っておらず、対等な仲間という感覚でいる。

何よりもチームの「和」を大事にしており、社内で人間関係のトラブルが起きると、社長自ら間に入って解決に動くようにしている。

人事施策として「ありがとうカード」を定期的に実施している。

関係重視タイプがやりがちな、マネジメント上のミスは…?

関係重視タイプにありがちなのは、当たり前の基準が下がるというパターン。

結果やルールよりも「関係」を重視することで、部下は、「目標を達成しなくても上司は許してくれるだろう」「ルールを守らなくても良いだろう」という錯覚を引き起こしてしまうリスクがあります。

さらに、「結果を出していること」よりも「個人の好き嫌い」で評価が決まりやすいため、結果を出せる優秀な人や成長意欲の高い人ほど離職してしまうというデメリットもあると言えます。

チームの基準を下げず、優秀なメンバーの離職も防ぐためには?

では、このタイプのリーダーは、どのようなマネジメントを心がければ良いでしょうか?

もし、あなたが社員の評価を決める立場にあれば、評価制度を見直すという方法があります!

識学の理論に基づき評価制度を新たに構築した事例

「評価制度」の必要性を感じていなった社長が、識学を学び、「評価制度」で組織を成長させるストーリー

また、ポイントを押さえて評価制度を体系的に理解したい!という方には、こちらのホワイトペーパーがオススメです!

ホワイトペーパー「伸びる会社に共通する評価制度の特徴とは?」

伸びる会社とそうでない会社の「評価制度」の違いについて、PDF11ページでまとめた資料になります。下記のページから無料でダウンロードいただけます!


その他、関係重視タイプの方にオススメのお役立ち資料はコチラ!

「誰よりも部下の気持ちがわかるはずなのに、チームの成績が伸び悩む、、、」そんなお悩みを抱えている部下思いのマネージャーの方は多いのではないでしょうか。今回は、部下を成長させることができる上司とできない上司の違いについて解説いたしました。

このホワイトペーパーを読む

関係重視タイプの方にオススメの記事

「風通しが良い」ことのメリット、デメリットは?