【マンガでわかる】「リーダーの仮面」「数値化の鬼」を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

マネジメント研修で習得すべき内容とは?おすすめサービスや体験談を紹介

企業の成長に欠かせないことのひとつが人材育成であり、人材を育てるためにはマネジメントスキルの向上が不可欠です。マネジメントスキルを高めることで、組織の強化・業績の向上・社内風土の醸成につながります。管理職やマネージャーのマネジメントスキルを高めるには、マネジメント研修が有効です。

本記事では、マネジメント研修を受けるべき人材、具体的にマネジメント研修で学べること、マネジメント研修を受ける際の注意点をまとめました。

おすすめのマネジメント研修サービスも紹介するので、導入を検討している方はぜひ参考にしてください。

ビジネス書としては異例の30万部突破!
書籍『リーダーの仮面』の図説資料
をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!

マネジメント研修とは

マネジメントとは経営や人材の管理という意味であり、企業におけるマネジメントは、経営管理や組織運営を指します。具体的には、成果をあげるために人材管理・組織運営を行いながら、目標達成を目指すことです。
本項ではマネジメント研修の対象者や、目的について詳しく解説します。

マネジメント研修の対象者

マネジメント研修の主な対象者は、以下のとおりです。

  • 新人マネージャー
  • 既存の管理職

詳しく解説します。

新人マネージャー

新人マネージャーは一般的に、マネジメントに対する知識が少ないのが難点です。マネジメントの知識がないままグループ全体をまとめるのは、ほぼ不可能といえます。今後、マネジメント業務を円滑に進めていくためにも、マネジメントに関する知識を習得しなくてはなりません。

また、上司に協力してもらいながら、少しずつマネジメント業務に慣れていくことも大切です。

既存の管理職

既存の管理職にも、マネジメント研修は効果的です。管理職として長年活躍していると、自分の経験から物事を判断しがちです。企業の経営環境は日々変わるため、情報をブラッシュアップする必要があります。

トレンドを取り入れてマネジメントすることで、マネージャーとしてのステップアップが見込めます。

マネジメント研修の目的

マネジメント研修の目的は、優秀な管理職を育成することです。優秀な管理職とは、人材を育成し、組織を強くすることで会社の売上に貢献する存在といえます。マネジメントに関する正しい知識を得るだけでなく、経営の知識も習得して、さらなるステップアップを目指しましょう。

マネジメント研修で習得する3つの内容

マネジメント研修では、以下の3つの内容を学びます。

  • 部下を育てる方法
  • 組織を強くする方法
  • 経営数字力を身につける方法

順番に解説します。

部下を育てる方法

会社の成果を上げるために欠かせないのが、人材育成です。人材流出を防ぎ、社内に優秀な人材を増やすためには、部下を育てる方法を学ぶ必要があります。部下を育てるスキルは、既存管理職だけでなく、新人マネージャーも習得すべきスキルです。

部下を育てるためには、以下の教育が有効です。

  • OJTによる教育
  • 階層別の教育
  • 職能教育

組織を強くする方法

部下のマネジメントに加えて習得すべきことは、組織を強くする方法です。部下同士をうまく連携させて成果を得るだけでなく、他部署との連携も考えなければなりません。他部署と連携することで組織全体が強化され、目標を達成するためのパフォーマンスを、より発揮できます。

また、各部署が成長するためにすべきことを考えて、管理することも重要です。各部署の課題や行動計画を明らかにするためにも、企業全体から見た、それぞれの部署の立ち位置を把握する必要があります。

経営数字力を身につける方法

管理職・経営職を目指すなら、マネジメントに関する知識だけでなく経営の知識も必要です。企業の成果を上げるためには、現状や今後のビジョンなどを経営の観点から数字ベースで理解できなくてはなりません。

経営数字力は、分析や意思決定、説明責任などにも役立つため、管理職にとって必要不可欠なスキルです。将来的に経営陣として活躍するためには、経営数字力を身につけ、自社の成果を上げるための意識をもつことが重要です。

マネジメント研修を実施する方法

マネジメント研修には、以下の3つの方法が挙げられます。

  • 社外研修
  • 社内研修
  • オンライン研修

上記について、メリット・デメリットを紹介します。

社外研修

1つ目は、研修サービスを提供している会社のセミナーに参加する、社外研修です。社外研修のメリットは、他社の管理職・マネージャーとの接点ができる点です。社外研修で他社の方と接点をもつことで、新しい視点や価値観を得るきっかけになります。

社外研修のデメリットは、時間・場所が決まっていることです。社外研修やセミナーは都心部で開催されることが多く、地方の企業から参加する場合は、宿泊費や交通費がかかります。

また、管理職が現場を離れることで、業務に支障をきたすことも考えられます。管理職・マネージャーが社外研修で現場を離れていても支障がないよう、スケジューリングや管理体制を徹底しておくことが大切です。

社内研修

2つ目は、社内研修です。企業によっては集合研修とも呼ばれています。

  • 社外から講師を呼んで開催する
  • 社内の人間が講師を務める

社内研修は上記の2パターンがあります。メリットは社内で行うことで、より自社に特化した研修内容になるのがメリットです。一方、デメリットとしては、社内で研修することで配布する資料やプレゼン資料の作成・会場の準備・講師の依頼など、研修を実施する際の手間がかかることが挙げられます。

オンライン研修

3つ目が、オンライン研修です。オフラインで行われる研修とは違い、時間・場所を限定されることなく研修を受けられます。メリットはいつでも受講できるだけでなく、わからないところは何度も繰り返し見直せることです。

デメリットとしては、オンライン研修は1人でも受講できるため、他の管理職・マネージャーと接する機会がないことが挙げられます。

おすすめのマネジメント研修は「識学のマネジメント研修」

以上の内容を踏まえたうえで、おすすめのマネジメント研修は「識学のマネジメント研修」です。
講師2名、カスタマーサクセスマネージャーでチームを作成し、インプットやアウトプットを繰り返すことで、知識を浸透させていきます。

識学ではマネジメント研修を実施するだけでなく、以下のような面談を通して、マネジメントスキルの定着を図れます。

  • ルール作成のサポート
  • 役割定義表作成のサポート
  • 組織診断結果のフィードバック
  • 会議チェック
  • 識学理論の復習プログラム
  • 現場インタビュー

また、各企業に合わせたメニューの追加もできます。

識学のマネジメント研修について詳しく知りたい方は、こちらからご覧ください。

識学のマネジメント研修を受講した方の声

実際に識学のマネジメント研修を受講した方の声を、紹介していきます。

元 株式会社ワークスアプリケーションズ
代表取締役最高経営責任者
牧野 正幸 氏

真剣に事業や組織について悩んでいる人は、識学を導入するべきだとわたしは思います。組織全体のパフォーマンスを上げたいとか、能力の低い部長をどう処遇するべきかなどについて真剣に悩んでいる人は、悩むことに時間を費やしすぎてしまう。

それで、結果が出ないと放置してしまっている会社も多いと思いますので、いろいろな解決策があると思いますが、まずは組織マネジメントとしてベーシックで、かつ例外が少ない識学の導入をおすすめします

(引用元:https://corp.shikigaku.jp/case/masayuki_makino

 

株式会社A3
代表取締役 小澤 隆史 氏

どこもそうだと思いますが、会社の成長を望んでいて、現状よりも成長させたい、スケールさせたいと思っている企業にはぜひ識学の導入をおすすめします

たとえば経営者の能力が高く、その経営者の能力で成り立っている企業がありますよね。これが俗に「10人の壁」や「30人の壁」と言われると思うのですが、経営者ひとりの能力では限界があるので、人材が増えるにつれて組織としてパフォーマンスを最大限に発揮するためのチーム作りがポイントになってくると思います。

ただ、パフォーマンスを最大化できるチーム作りをするには、そもそも組織としての仕組みやルールなどが重要なので、しっかりと仕組み作りをし、組織としてパフォーマンスを最大化できるようになれば、今以上により大きな成果が出ると思いますよ。

(引用元:https://corp.shikigaku.jp/case/A3

マネジメント研修で気をつけるべき点

人材育成に欠かせないマネジメント研修では、気をつけるべき点が3点挙げられます。マネジメントスキルをアップさせて会社の成長につなげるためにも、マネジメント研修に参加する際の注意点を把握しましょう。

「マネジメント研修=ゴール」としない

初めてマネジメント研修を受講する担当者に多いのが、「マネジメント研修=ゴール」として考えてしまうこと。マネジメント研修自体が目的にならないように注意が必要です。

研修がゴールとならないためにも、以下のポイントを意識するようにしましょう。

  • あらかじめ研修計画を立てる
  • どのようなスキルを身につけるかイメージする
  • 最終的なゴール(目標)を決める

また、マネジメント研修を実施した後のフォローアップなども考えておくと、さらにスムーズです。

研修を振り返る

マネジメント研修は受講するだけでなく、振り返ることも大切です。研修で習得した知識は、受けただけでは定着しません。学んだことを振り返り、実際に現場で活用することで身に付きます

また、自社研修の場合には、研修を振り返るためのレポートやまとめ資料の提出、アンケートの実施といったフローを組み立てることが大切です。研修内容に合わせて、振り返る工夫を取り入れましょう。

研修の具体的な目標を立てる

マネジメント研修を受ける際には、具体的な目標を立てましょう。目標意識があるだけで習熟度が変わり、自分が本当に求めているスキル・情報がわかります。

また、研修による目標達成が目に見える結果として出た際には、さらなるモチベーションの向上が期待できます。達成度や進捗もわかるような目標設定をすれば、より効果的です。

まとめ

本記事では、マネジメント研修について、以下の内容を紹介しました。

  • マネジメント研修とは
  • マネジメント研修で習得する3つの内容
  • マネジメント研修を実施する方法
  • おすすめのマネジメント研修サービス
  • マネジメント研修で注意すべき点

企業が成長するためには、人材育成が不可欠です。そして管理職・マネージャーには、部下を育てながら自社の成果をあげる役割があります。マネジメントスキルを高めるためのマネジメント研修は、マネジメントだけでなく経営についても学べ、ステップアップには欠かせないスキルが身につきます

本記事を参考に、マネジメント研修を取り入れてみてはいかがでしょうか。
識学のマネジメント研修は、こちらからお問い合わせいただけます。

書籍『数値化の鬼』の要約解説図をプレゼント!
書籍『数値化の鬼』図解要約資料

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍『数値化の鬼』が、なんと発売後 約1か月で12万部を突破しました!

この感謝を皆様にも還元すべく、株式会社識学では、『数値化の鬼』の図解解説資料を作成いたしました!

一度書籍をお読みになった方も、まだお手元にない方もどなたでも満足いただける完成度となっています!

眺めるもヨシ、印刷して目の付くところに飾るもヨシ、使い方は自由自在!

是非、こちらからDLしてくださいね!