2017/12/18

ゲーム理論

テーマ:戦略
理論(コンセプト)名称:ゲーム理論
提唱者(一例):バリー・ネイルバフ 米国イェール大学教授 経済学者、アダム・M・ブランデンバーガー ニューヨーク大学教授
時期:1996年に原著「Co-opetition. Profile Business.」刊行

理論の紹介:
ゲーム理論とは、「2人以上のプレイヤーの意思決定・行動を分析する理論」であると著書「ゲーム理論の思考法(川西 論著)」で述べられている。ここでいうプレイヤーとは、人間だけではなく、企業、国家などさまざまな「意思決定を行なう主体」を指す。

ゲーム理論では、あらゆる問題をひとつの「ゲーム」ととらえる。起こっている問題がどのような構造になっていて、どんなルールに支配されているかを考える際、その全体像を「ゲーム」と呼ぶ。

著書「コーペティション経営―ゲーム論がビジネスを変える(バリー・ネイルバフ、アダム・M・ブランデンバーガー著)」では、ビジネスをゲームとしてとらえ、企業が生き残るうえで、あるときには競争(competition)するが、ある時点では協調(cooperation)しあう関係を維持することが重要だと説く。この競争と協調が入り交じった経営手法を「コーペティション(co-opetition)経営」という。
ビジネスは、競争すると同時に協力しなければならない。ビジネスをゲームとしてとらえれば、どんな状況にあっても最適な戦略をうち出すことができる。

ゲーム理論は第2次世界大戦の初期に生まれた理論だが、今ではさまざまなビジネス分野で応用されている。その理論こそがコーペティション経営にとってなくてはならないものである。

 

【識学からのお知らせ】
リーダーシップが育つロジカルなマネジメント手法を学んでみませんか?
<ご訪問 or Web会議で体験できます>
1500以上の企業が受講した「識学マスタートレーニング」を無料で体験しませんか?
今、お申込みいただくと『伸びる会社は「これ」をやらない!』書籍をプレゼント

識学マスタートレーニングとは、「部下が育たない」「組織が思ったように成長しない」「離職率が高く人材不足」など、 問題に直面している管理職の方へ「学びながら実践」いただき、組織内の問題を解決していくものです。
平均して3ヶ月ほどで「売上向上」「離職率の低減」など目に見える成果が上がっています。


お申込み・詳細は こちらお申し込みページをご覧ください

 

関連書籍リンク:
ゲーム理論の思考法(川西 論著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4046029161
ゲーム理論で勝つ経営 競争と協調のコーペティション戦略(バリー・ネイルバフ、アダム・M・ブランデンバーガー著)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/19206/

関連外部記事リンク:
囚人のジレンマとは?ゲーム理論の代表的なモデルを解説
https://ferret-plus.com/5864