大ヒットビジネス書【リーダーの仮面】【数値化の鬼】を生み出した識学理論によるコンサルティングとは?

ゲーム理論

テーマ:戦略
理論(コンセプト)名称:ゲーム理論
提唱者(一例):バリー・ネイルバフ 米国イェール大学教授 経済学者、アダム・M・ブランデンバーガー ニューヨーク大学教授
時期:1996年に原著「Co-opetition. Profile Business.」刊行

理論の紹介:
ゲーム理論とは、「2人以上のプレイヤーの意思決定・行動を分析する理論」であると著書「ゲーム理論の思考法(川西 論著)」で述べられている。ここでいうプレイヤーとは、人間だけではなく、企業、国家などさまざまな「意思決定を行なう主体」を指す。

ゲーム理論では、あらゆる問題をひとつの「ゲーム」ととらえる。起こっている問題がどのような構造になっていて、どんなルールに支配されているかを考える際、その全体像を「ゲーム」と呼ぶ。

著書「コーペティション経営―ゲーム論がビジネスを変える(バリー・ネイルバフ、アダム・M・ブランデンバーガー著)」では、ビジネスをゲームとしてとらえ、企業が生き残るうえで、あるときには競争(competition)するが、ある時点では協調(cooperation)しあう関係を維持することが重要だと説く。この競争と協調が入り交じった経営手法を「コーペティション(co-opetition)経営」という。
ビジネスは、競争すると同時に協力しなければならない。ビジネスをゲームとしてとらえれば、どんな状況にあっても最適な戦略をうち出すことができる。

ゲーム理論は第2次世界大戦の初期に生まれた理論だが、今ではさまざまなビジネス分野で応用されている。その理論こそがコーペティション経営にとってなくてはならないものである。

 

[adrotate group=”15″]

 

関連書籍リンク:
ゲーム理論の思考法(川西 論著)
https://www.amazon.co.jp/dp/4046029161
ゲーム理論で勝つ経営 競争と協調のコーペティション戦略(バリー・ネイルバフ、アダム・M・ブランデンバーガー著)
http://www.nikkeibook.com/book_detail/19206/

関連外部記事リンク:
囚人のジレンマとは?ゲーム理論の代表的なモデルを解説
https://ferret-plus.com/5864

ビジネス書としては異例の30万部突破! 書籍『リーダーの仮面』の図説資料をプレゼント!
リーダーの仮面図解

株式会社識学 代表取締役社長 安藤広大の執筆した書籍「リーダーの仮面」は、結果の出せるリーダーになるために必要なテクニックをまとめたリーダーシップ本の決定版!

優れたマネージャーに、才能・人間力・経歴は一切必要ありません!

誰でも実践できるマネジメントの原理原則PDF17ページにググっと凝縮!

図解ですから、眺めるだけでOKまとまった時間を取って、じっくりと読む必要はありません!

ぜひ、DL頂き、皆さまの日々のマネジメントに生かしてください!